« ばんざいさんしょう | トップページ | かいき大作戦 »

2009年7月22日 (水)

なくなって初めて気づく

東京はあいにくの曇り空だったが、三十一は雲の隙間から7割ほど欠けた太陽をかいま見ることができた。それから少ししてもう一度見ようとしたときにはもう雲に隠れてしまって見えなかった。

NHKの生中継を録画していたので、いまそれを見ながらこの記事を書いている。、その番組の中でも、あるいは事前の報道の中でも「自然の神秘」とか連発していたのだが、三十一にはどこに「神秘」があるのかわからない。日食の原理は明らかで、そこに「神秘」を感じるのは人間の心性でしかない。皆既の状態では水平線(地平線)上全体が360度夕焼け状態になるのは、聞くまでは思いつかなかったが言われてみれば納得である。

日食の写真はプロが上手に撮ってくれるだろうから、三十一がわざわざ撮るまでもあるまい。一瞬だけ目視できた三日月のような太陽を記憶に留め得たことでよしとしよう。

|

« ばんざいさんしょう | トップページ | かいき大作戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/45712519

この記事へのトラックバック一覧です: なくなって初めて気づく:

« ばんざいさんしょう | トップページ | かいき大作戦 »