« 6月の打ち上げ(7/5追記) | トップページ | 歯の根が浮くような話 »

2009年7月 2日 (木)

"波と雨"から"雨と霧"に

ソマリア沖海賊対処のために派遣されている海自艦艇の第二陣が発表された。

浜田大臣会見(護衛艦の交代) (防衛省)
海賊対策第2陣派遣へ (dsimil.com)

現在派遣されている"さざなみ"(DD-113)と"さみだれ"(DD-106)に代わって、"はるさめ"(DD-102)と"あまぎり"(DD-154)が派遣されることになった。

海自の汎用護衛艦は、と発達してきた。つまり、"○○ゆき"という艦名をもつ"はつゆき"級12隻"あさぎり"級8隻"むらさめ"級9隻"たかなみ"級5隻の順番だ。これまでは"波"と"雨"の組み合わせだったのが、第2陣は"雨"と"霧"になるわけで一世代ずつさかのぼったことになる。現在計画中の新型(5000トン型)護衛艦が揃うと、"霧"は第一線を退くことになるだろうから、これが最後のご奉公かな。
余談だが、次の護衛艦は"月"ではないかと思う。"霜"ってのもあるけど。

護衛艦の話題が出たついでに、7月1日付人事で舩渡健一等海佐(護衛艦隊司令部付)が海上自衛隊第1術科学校研究部長に発令された。

防衛省発令(一佐職人事) (防衛省、PDF)

例の事故のときの"あたご"艦長である。どうやら一段落したとみなされたらしい。

|

« 6月の打ち上げ(7/5追記) | トップページ | 歯の根が浮くような話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/45520774

この記事へのトラックバック一覧です: "波と雨"から"雨と霧"に:

« 6月の打ち上げ(7/5追記) | トップページ | 歯の根が浮くような話 »