« ラプターの生産継続は望み薄 | トップページ | 「昭和天皇1945-1948」 »

2009年7月24日 (金)

社長の前に重役交代

先日、桜興産社長の交代が内定というニュースを紹介したが、そちらが確定する前に重役の交代が先に決まった。

人事教育局長に上瀧氏=防衛相補佐官に森本敏氏-防衛省人事 (時事ドットコム)
防衛省高級幹部人事 (DSI 日米国防組織情報 HOT TOPICS)

8月1日発令だそうで、ひょっとすると次官人事は少し先送りされるかもしれない。同じ日の人事を別々に閣議了承を求めるのは変だよね。

気づいていなかったのだが、事務次官になる中江官房長の後任は、金沢装備施設本部長になるという報道がされている。金沢博範本部長は、前防衛政策局長。防衛政策局は防衛省内局のなかでも筆頭格だ。守屋武昌・前次官が退職したときの人事で防衛政策局長に就任していたが、守屋逮捕後の人事で装備施設本部長に転じている。三十一はこれを左遷と理解した。装備施設本部長はけして閑職ではないにしても、防衛政策局長よりは事務次官の椅子から遠ざかったことは間違いない。まさか内局に返り咲くとは、予想外であった。

この内局人事が防衛省HPに掲載されるのを待っていたのだが、いっこうに掲載されないうちに8月の1佐人事が大量に掲載された。

|

« ラプターの生産継続は望み薄 | トップページ | 「昭和天皇1945-1948」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/45730598

この記事へのトラックバック一覧です: 社長の前に重役交代:

« ラプターの生産継続は望み薄 | トップページ | 「昭和天皇1945-1948」 »