« 「エリアル06」 | トップページ | 南の国から2009夏 »

2009年8月 4日 (火)

間違った意味の他力本願

しばらく前から、見かけるたびにムカムカするコマーシャルがある。
某建設会社の企業CMだ。

「いつかきっと」編 30秒 (FLASH)

いつかきっとできるよね
信じていればできるよね
楽しみに待ってるよ

歌っているのは小学生なのだが、

待ってないで自分で作ろうと思わないのか

少なくとも三十一よりも未来に多くの可能性を持つはずの子供が、ただ待つだけなの?
これを「夢のある話」とでも考えて作った人間の感性を疑う。少なくとも三十一にとっては、このCMが企業イメージに与える影響はマイナスでしかない。

|

« 「エリアル06」 | トップページ | 南の国から2009夏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/45838000

この記事へのトラックバック一覧です: 間違った意味の他力本願:

« 「エリアル06」 | トップページ | 南の国から2009夏 »