« 「"文学少女"と恋する挿話集2」 | トップページ | 次期民主党政権にひとつの提案 »

2009年9月 4日 (金)

2009年8月の打ち上げ

タイトルのパターンを変更してみました。年を付け加えただけ。

8月は6回。多くもなく少なくもなく。ただ、うち2回が失敗。

11日 19:47GMT、バイコヌール(ロシア)、プロトン(AsiaSat5)

17日 10:35GMT、ケープカナベラル(アメリカ)、デルタ2(GPS 2R-21)

21日 22:09GMT、クールー(仏領ギニア)、アリアン5(JCSAT 12, Optus D3)

25日 08:00GMT、ナロ(韓国)、KSLV(STSAT 2)、失敗

29日 03:59GMT、ケープカナベラル(アメリカ)、STS-128(ディスカバリー)

31日 09:28GMT、西昌(中国)、長征3B(Palapa D1)、失敗

韓国KSLVの初打ち上げが失敗したのは、ある程度推測できた。何しろ初めてのことだからね。しかし、月末になって中国の長征シリーズの打ち上げ失敗というニュースが飛び込んできた。これまで13年間連続で打ち上げに成功してきたという記録が途絶えた。どんなに品質管理をして作ったとしても、確率の神様はいつか故障を連れてくる。ちょっとした故障がただちに全体の失敗につながるのがロケットだ。確率を下げることはできるけど、ゼロにすることはできない。幸運はいつまでも続かない。

もうひとつ、デルタ2の打ち上げは今回で終了となり、今後はデルタ4に一本化される。アメリカのEELV集約計画は完成した。

|

« 「"文学少女"と恋する挿話集2」 | トップページ | 次期民主党政権にひとつの提案 »

コメント

たしかに長征の失敗は意外でしたね。
品質管理をしても失敗がゼロにはならないのは、安全率が低いロケットでは仕方がないことなのかもしれませんね。
(まあ、航空機や、車でさえ壊れる時は壊れますが…。)

>デルタ2の打ち上げは今回で終了
空軍のミッションとしては終了ですが、まだ打ち上げは残っているのでは?
http://www.spacelaunchreport.com/d2sched.txt

投稿: LH2 | 2009年9月 9日 (水) 19時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/46116313

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年8月の打ち上げ:

« 「"文学少女"と恋する挿話集2」 | トップページ | 次期民主党政権にひとつの提案 »