« 「化物語(上/下)」 | トップページ | 自衛隊は内、郵便局は外 »

2009年9月14日 (月)

"新聞辞令"なんて言葉は死語になりつつあるが

鳩山(由)内閣の閣僚人事や党人事がいろいろと取り沙汰されている。いやその、三十一自身も取り沙汰したひとりであるので人のことは言えないのだが。

三十一の提案が聞かれたとは思えないが、前原副代表がどうやら国土交通大臣に就任する見込みらしい。八ッ場ダムの問題でいきなり難問に直面することになってしまうので鉄道どころではないかもしれないが。

そして防衛相に国民新党の亀井静香代表の名前が挙がっている。顔は強面だけど、はたしてどうかなあ。亀井静香は警察官僚出身だけど、防衛省プロパーから見たときに元警察官がトップに来るのはあまり気分のいいものではないのではなかろうか。
もひとつ、新政権の中心たる民主党が、連立政権のパートナーとなる国民新党に譲り渡すポストとして防衛大臣が適当かどうか。自民党がこれまで連立政権の中で防衛大臣を他党に渡したことがあったっけ。三十一には記憶がないのだが。
つまりは、民主党にとって防衛省は「自党で掌握しておくべきもの」とは見なされていないということだな。

|

« 「化物語(上/下)」 | トップページ | 自衛隊は内、郵便局は外 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/46213636

この記事へのトラックバック一覧です: "新聞辞令"なんて言葉は死語になりつつあるが:

« 「化物語(上/下)」 | トップページ | 自衛隊は内、郵便局は外 »