« ギョーカイのジョーシキ | トップページ | 並行時間世界からの帰還 »

2009年12月 7日 (月)

「日本の歴史15 織豊政権と江戸幕府」


"織豊政権"とひとくくりにされがちだが、実はその性格はだいぶ違う。
織田信長はその末期に信濃から播磨までひろがった領国に最高権力者として君臨した。柴田勝家も羽柴秀吉も前田利家も、信長にとっては単なる爪牙に過ぎなかった。本能寺の変のあと、織田政権の実権を握った秀吉ははじめ信長の路線を継承しようとしたが、小牧長久手戦役で徳川家康を服属させることに失敗したことをひとつの契機として、構造の異なる政権を構築することを余儀なくされた。

信長は官位にそれほど重きを置いていなかったようで、右大臣に昇進してまもなく辞官して家督を嫡子信忠に譲った。散位前右府として無官というわけではないが、朝廷から「太政大臣か関白か(征夷大)将軍」を勧められても黙殺した信長は、天下統一後に改めて適当な官職につくつもりだったのではなどと言われるがもはや推測するしかない。
いっぽうの秀吉は、小牧長久手戦役後に官位の昇進を重ねついに臣下として最高の地位である関白につく。天皇の代理たる関白の資格で秀吉が発したのが武力闘争を禁じた"惣無事令"である。天皇の権威をタテに武力闘争を停止させて現状を維持し、各地の大名の連合政権を樹立した上で秀吉がその第一人者として統制する、というのが秀吉政権である。もちろんそこには秀吉の武力が背景にあるにしても、信長のように相手をたたきつぶして直接支配下に置く、という方法とはまったく行き方が違う。秀吉政権末期の五大老のうち、毛利輝元、上杉景勝はもともと秀吉政権外部の大名で外様。宇喜多秀家は信長秀吉交替期に毛利から離反して秀吉についた。前田利家はもと織田政権下での同僚。そして徳川家康は信長の同盟者であって、もと信長の家臣であった秀吉からみれば格上である。この顔ぶれからも、秀吉政権が有力大名の寄り合い所帯であったことが見てとれる。

実は江戸幕府もこの構造(有力大名の寄り合い所帯)を引き継いだ。しかし徳川氏は何代かをかけてこの構造を維持したまま内容を換骨奪胎することに成功し、将軍独裁を確立する。

|

« ギョーカイのジョーシキ | トップページ | 並行時間世界からの帰還 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/46962508

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本の歴史15 織豊政権と江戸幕府」:

« ギョーカイのジョーシキ | トップページ | 並行時間世界からの帰還 »