« 「日本の歴史15 織豊政権と江戸幕府」 | トップページ | 「世界の歴史14 ムガル帝国から英領インドへ」 »

2009年12月11日 (金)

並行時間世界からの帰還

なんだか古典SFの題名みたいなタイトルになったけど、10月の旅行以来三十一の時間は実世界よりもだいぶ遅れていたのだが、この週末についに時間軸を一致させることができた。要するに撮りためたNFLのビデオをようやく消化して、その週の試合をその週のうちに見ることができるようになったということなのだけどね。

わがデンヴァーは同地区のKCと戦って快勝。しかし首位を行くサンディエゴも勝ってゲーム差は1と変わらず。直接対決はすでに終わってしまっていて、1勝1敗と互角なので、純粋に勝率勝負になる。地区内対決もサンディエゴはすでに終了し、他のチームには取りこぼしはない。デンヴァーはまだあとふたつ地区内の試合を残しているので、これを取りこぼさないのが絶対条件だ。あとはできるだけ勝ちを積み上げていく間にサンディエゴが負けて落ちてくるのを待つしかない。なかなか厳しい状況だ。

鍵になるのは来週のインディアナポリス戦。これは正直かなり分が悪い。敵地だしね。万一これに勝って残り4試合を3勝1敗で行ける見込みが立てば希望が出てくる。いっぽうのサンディエゴは来週の敵地でのダラス戦、そしてホームながら再来週のシンシナティ戦が鍵だ。ダラスのQBロモに頑張ってもらって、気落ちしたチームは翌週も落とす、というシナリオが現実になればいいなあと妄想してみる。

|

« 「日本の歴史15 織豊政権と江戸幕府」 | トップページ | 「世界の歴史14 ムガル帝国から英領インドへ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/46990053

この記事へのトラックバック一覧です: 並行時間世界からの帰還:

« 「日本の歴史15 織豊政権と江戸幕府」 | トップページ | 「世界の歴史14 ムガル帝国から英領インドへ」 »