« 「エリアル08」 | トップページ | 「れでぃ×ばと!10」 »

2010年2月16日 (火)

ロボットは人間に危害を加えてはならない

捕鯨船にシー・シェパード侵入 「3億円求める」と書簡 (asahi.com)

衝突の責任は第2昭南丸にある。3億円を請求する。

これと同じような論法を駆使する人々のことを日本では「当たり屋」という言葉で呼んでいるのを彼ら彼女らが知るよしもないだろうが、これで日本の態度が変わると本気で思っているのだろうか。少なくとも三十一にとっては、だんだん「当たり屋」と同列のチンピラに見えてきた。捕鯨船に乗り込んできた構成員は裁判で自説の主張を展開することを望んでいるようだが、裁判所と検察には捕鯨問題に深入りせず単純な刑事犯として裁いてもらいたい。
マスコミや反捕鯨陣営は「判断を避けた」とか言うかもしれないが、本来は文化と政治の問題であるはずの捕鯨に関する判断を司法に委ねるのは、政府と有権者の逃げであり責任転嫁だ。

三十一の基本スタンスはシンプルで、それは「動物よりも人間を優先」というものだ。行きすぎた博愛主義は実は誰も(何も)愛していないのと同じだ。それは今から2000年以上昔に孔子が指摘したことでもある。鯨のために人間を傷つけてもかまわないというのはどう考えても理屈にあわない。彼ら彼女らはきっとアシモフのロボット三原則を読んだことがないのだろう。

|

« 「エリアル08」 | トップページ | 「れでぃ×ばと!10」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/47587045

この記事へのトラックバック一覧です: ロボットは人間に危害を加えてはならない:

« 「エリアル08」 | トップページ | 「れでぃ×ばと!10」 »