« 誕生日おめでとう(私信) | トップページ | 「世界平和は一家団欒のあとに9」 »

2010年2月 8日 (月)

小説には書けない結末

今日は会社を休んで朝からスーパーボウルを生中継で観戦。
昼過ぎから夕方まで寝て、いままたNHKの録画中継を見ながらこの記事を書いている。

事実は小説よりも奇なり、というのはすでに手垢のついた表現でしかないが、実際にこのような展開の小説があったら「ご都合主義」という批判を免れないだろう。
ハリケーン・カトリーナで壊滅的な被害をうけたニューオーリンズの復興の象徴がこのニューオーリンズ・セインツの飛躍だ。今年のセインツはチーム創設以来の好成績である13勝3敗のNFC最高勝率をひっさげてプレイオフに進出し、これまたチーム初めてとなるスーパーボウルに進出した。チーム力としては格上のインディアナポリスと対戦して、はじめのうちはリードを許したものの後半に入って逆転し、最後は追い上げるインディアナポリスを突き放して勝利を決めた。

Super Bowl XLIV
New Orleans 31 - 17 @ Indianapolis

MVP: Drew Brees (New Orleans QB)

試合展開によっては、インディアナポリスにも充分勝ち目はあったと思う。キーになったのは、まず後半終了間際にいったんはゴール前でギャンブルを阻止されたものの次のドライブでFGを決めて4点差に縮めてハーフタイムに入ったプレイ。そしてハーフタイム明けのいきなりのオンサイドキック。さらには4Qのマニングのパスをインターセプトしてそのままタッチダウンしたプレイと、それをお膳立てした直前のセインツの守備。3rdダウン&5に追い込まれた(守備側から見ると追い込んだ)シチュエーションが、結果としてインターセプトを生んだと言っていいだろう。

これで三十一にとっての2009年は終わった。ではみなさんよいお年を。

|

« 誕生日おめでとう(私信) | トップページ | 「世界平和は一家団欒のあとに9」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/47515199

この記事へのトラックバック一覧です: 小説には書けない結末:

« 誕生日おめでとう(私信) | トップページ | 「世界平和は一家団欒のあとに9」 »