« いったん便利さに慣れると元に戻るのはむずかしい | トップページ | 「兵士に告ぐ」 »

2010年2月 4日 (木)

2010年1月の打ち上げ

1月は少なく、わずか2回。先月多かった反動というわけでもないだろうが。

16日、16:12UT、西昌(中国)、長征3C(北斗)

28日、00:18UT、バイコヌール(ロシア/カザフスタン)、ソユーズU(Cosmos 2459 Raduga)

中国は「北斗 Beidu」シリーズの3機目を打ち上げた。北斗七星によって導かれる北極星は、旅人に方角を教える道しるべだ。現代の「北斗」は中国版GPSとでも言うべき測位衛星である。まだ3機では実用にはほど遠いが、ロシアやヨーロッパに続いて中国もアメリカ製のGPSに依存しない測位システムの構築をめざしている。

Cosmosシリーズの2459機目になるRadugaは、軍用通信衛星だ。

|

« いったん便利さに慣れると元に戻るのはむずかしい | トップページ | 「兵士に告ぐ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/47479072

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年1月の打ち上げ:

« いったん便利さに慣れると元に戻るのはむずかしい | トップページ | 「兵士に告ぐ」 »