« 「彩雲国物語 蒼き迷宮の巫女」 | トップページ | 「はやぶさ、地球へ!」 »

2010年4月15日 (木)

「日本補助艦艇物語」


1993年に出た本を、2005年に買って、2010年に読む。
気が長くなったと言えば気が長くなったのかなあ。もともといずれ読むつもりで買った本ではあるんだけど、その一方で急いで読む必要もなかったのでこんなに遅くなってしまった。読み始めたきっかけはと言えば、他の本を探していてたまたま発掘してそのまま、というパターンだ。どうもこのパターンが結構多いように思う。

福井静夫も、亡くなってもう15年以上経つ。知っている人にはいまさら説明は不要だろうが著者は元海軍造船官で、戦後は日本海軍艦艇について膨大な資料を収集してきた。そのコレクションの全体像はいまだに刊行されていない。三十一の目が黒いうちに刊行されるんだろうか。

著者が生前いろんな場で発表した文章をテーマごとにまとめたのがこのシリーズで、本巻ではタイトル通り補助艦艇に関するものを集めている。他に戦艦とか空母とか巡洋艦とかいったメジャーな艦種についてももちろん出ているのだが、三十一が現時点で持っているのはこの「補助艦艇」と「特設艦船」である。天の邪鬼な三十一らしいと言えばらしいのだが、この種の艦船に関する本があまり他にないというのも理由だ。

内容はといえばだいたい昭和30年代から40年代くらいに雑誌に発表した文章が主で、当時としては貴重な内容だったのだろうけれど、それなりにまとまった資料が出てきた現在となってはあまり新しい内容はない。むしろ著者が実際にそのフネに接したときのエピソードのほうが面白かった。

|

« 「彩雲国物語 蒼き迷宮の巫女」 | トップページ | 「はやぶさ、地球へ!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/48095620

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本補助艦艇物語」:

« 「彩雲国物語 蒼き迷宮の巫女」 | トップページ | 「はやぶさ、地球へ!」 »