« キヨき一票 | トップページ | 「日本の歴史21 明治人の力量」 »

2010年7月12日 (月)

「己の欲せざる所を人に施すことなかれ」

さて参議院選挙の結果は与党の過半数割れが確実となり、またまた「ねじれ国会」になってしまった。ただし去年の総選挙前の「ねじれ」状態とは攻守が逆転している。

自民党政権時代の「ねじれ国会」では、参議院で多数を占めている民主党は小沢代表のもとで政権奪取をめざして対決姿勢に終始した。それが功を奏したのか総選挙でも多数を獲得して衆参両院で多数党となり政権交代を実現したわけだ。ところがそれから1年も経たないうちに参議院での多数を譲ってしまった。

前にも書いたが、「ねじれ」状態は少数与党と多数野党が個々の政策について協議し歩み寄って政策を形成していくプロセスが根付いていくチャンスだったと思うのだが、民主党自身はその道をとらずに遮二無二政権奪取に突き進んだ。その結果が、今まさに自分に降りかかっているわけだ。こうなると、かつて「ねじれ国会」で与党として多数野党との折衝に苦労した経験をもつ自民党がどういう手に出てくるかが重要だ。「己の欲せざる所を人に施すなかれ」の精神で大人の対応、つまり参院多数党の立場を利用して民主党政権の政策に場合により譲歩しあるいは修正を要求し、自党の政策をできるだけ反映させていこうとするなら、「野党」の存在意義を示しやがては逆の政権交代を実現できるかもしれない。野党化して官僚とのパイプが細くなった自民党にどれほど政策立案能力が発揮できるかが問題だが。
しかし、これ幸いとかつての小沢路線のごとく対決姿勢に走るようなら、日本の政治の、ひいては日本の未来は暗いぞ。そういう意味では自民党の責任は重大だ。

|

« キヨき一票 | トップページ | 「日本の歴史21 明治人の力量」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/48856312

この記事へのトラックバック一覧です: 「己の欲せざる所を人に施すことなかれ」:

« キヨき一票 | トップページ | 「日本の歴史21 明治人の力量」 »