« めざせ学閥打破 | トップページ | 蒼い稲妻 »

2010年7月19日 (月)

真夏の桜たち

三連休のうち、多くの時間を7月26日付異動の検討に費やしたのは果たして有意義だったということになるんだろうか。まあひとによって受け取り方が違うよね、とでも思っておかないと虚しすぎる。

来年の春に折木統幕長が就任から2年になるが、次は間違いなく空自の番。しかし現空幕長である外薗空将は、今年の秋で就任2年になってしまう。例えば今年の春頃に空幕長が交代していれば、後任空幕長が誰であれ来年春に統幕長就任というシナリオがあった。しかしこの時期になってしまうと来年の春までに空幕長交代と統幕長交代を盛りこむのは無理がある。そこで今年の秋頃の適当な時期に折木統幕長が在任1年半で勇退し、外薗空幕長が統幕長にというシナリオが現実的には考えられる。もっとも、田母神→外薗の交代はイレギュラーだったので、外薗空幕長が来年春まで2年半現職にとどまりその後で統幕長というシナリオも充分可能性がある。どっちにしろ時期だけの問題だけどね。

さて今回の海幕長交代で陸自海自空自いずれも幕僚長は防大18期でそろった。この中で一番最初に交代時期が来るのは年内または来年早々の空自だが、陸海にあわせるために少し世代交代のペースを落とすかもしれない。そうなると次の空幕長は19期ということになるが、岩崎航空総隊司令官が大本命、大穴は下平情報本部長。人物評はさておき航空総隊司令官と情報本部長では部内の重みが全然違う。
もし20期にまで世代交代が進むとなると、長島空幕副長か森下航空支援集団司令官あたりが候補に挙がるか。

以下に7月26日付の将を幹候年度順で羅列した。

1972
  防衛大16
        陸将    折木良一        統合幕僚長

1974
  防衛大18
        陸将    火箱芳文        陸上幕僚長
        海将    杉本正彦        海上幕僚長
        空将    外薗健一朗      航空幕僚長

1975
  防衛大19
        空将    下平幸二        情報本部長
        海将    倉本憲一        自衛艦隊司令官
        海将    高嶋博視        横須賀地方総監
        空将    岩崎茂          航空総隊司令官
        空将    山川龍夫        航空自衛隊補給本部長

1976
  防衛大20
        陸将    君塚栄治        東北方面総監
        陸将    関口泰一        東部方面総監
        陸将    木崎俊造        西部方面総監
        陸将    宮島俊信        中央即応集団司令官
        陸将    寺崎芳治        第8師団長
        陸将    師富敏幸        陸上自衛隊研究本部長
        海将    永田美喜夫      潜水艦隊司令官
        海将    加藤耕司        佐世保地方総監
        海将    方志春亀        教育航空集団司令官
        空将    長島修照        航空幕僚副長
        空将    渡邊至之        中部航空方面隊司令官
        空将    森下一          航空支援集団司令官
        空将    片岡晴吉        航空教育集団司令官
  名古屋工業大
        海将    柴田雅裕        舞鶴地方総監

1977
  防衛大21
        海将    河野克俊        統合幕僚副長
        陸将    渡邊隆          統合幕僚学校長
        陸将    市田信行        技術研究本部技術開発官(陸上担当)
        空将    山崎剛美        技術研究本部技術開発官(航空機担当)
        陸将    千葉徳次郎      北部方面総監
        陸将    荒川龍一郎      中部方面総監
        陸将    林一也          第9師団長
        陸将    平野治征        陸上自衛隊関東補給処長兼霞ヶ関駐屯地司令
        陸将    長谷部洋一      陸上自衛隊幹部学校長兼目黒駐屯地司令
        陸将    山本洋          陸上自衛隊富士学校長兼富士駐屯地司令
        陸将    安部隆志        陸上自衛隊補給統制本部長兼十条駐屯地司令
        海将    河村克則        海上幕僚副長
        空将    小野田治        西部航空方面隊司令官
        空将    秦啓次郎        航空開発実験集団司令官
        空将    彌田清          航空自衛隊幹部学校長兼目黒基地司令

1978
  防衛大22
        陸将    宮下寿広        防衛大学校幹事
        陸将    中川義章        第1師団長
        陸将    藤崎護          第3師団長
        陸将    久納雄二        第6師団長
        陸将    河村仁          第10師団長
        海将    松下泰士        護衛艦隊司令官
        海将    畑中裕生        航空集団司令官
        海将    泉三省          呉地方総監
        海将    小野原正信      海上自衛隊補給本部長
        空将    齊藤治和        北部航空方面隊司令官
  防衛医大1
        空将    緒方克彦        防衛医科大学校幹事
        海将    大塚八左右      自衛隊中央病院副院長
        陸将    加瀬勝一        自衛隊札幌病院長
  東京大
        陸将    渡部悦和        陸上幕僚副長
        空将    平田英俊        南西航空混成団司令
  東北大
        海将    安達孝昭        技術研究本部技術開発官(船舶担当)

1979
  防衛大23
        空将    廣中雅之        統合幕僚監部運用部長
        陸将    田中敏明        第2師団長
        陸将    木野村謙一      第4師団長
        陸将    岩田清文        第7師団長
        海将    武居智久        大湊地方総監
        海将    吉田正紀        海上自衛隊幹部学校長
  防衛医大2
        陸将    後藤達彦        自衛隊中央病院副院長

右の柱の「自衛隊主要幹部表」も更新してるのでよろしく。

|

« めざせ学閥打破 | トップページ | 蒼い稲妻 »

コメント

統幕長が折木さんになったのは、
空自に対する、懲戒要素が在った
様に思うのです。
ゆえに
過去の順序からすれば
海ではないかと、思っていました。
が、如何でしょうか?

投稿: masa | 2010年7月23日 (金) 17時01分

どうでしょうか。

わたしは、田母神事件はあくまで田母神個人の問題であって組織としての空自にペナルティを課すような性格のものじゃないと思っています。本人の退職で決着したとみなされてるんじゃないですかね。

あのタイミングで田母神が統幕長レースから脱落したら折木陸幕長(当時)しか選択肢はないです。単に有力候補がいなくなったから繰り上がっただけのことで、空の分を陸にゆずったというものではないと思います(結果としてそういう形になりましたが)。

なので次期統幕長についてももっとシンプルに考えていいと思います。これまでの統幕長は順に 陸→海→陸と譲られてきているので、順番からすれば空でしょう。

投稿: admiral31 | 2010年7月23日 (金) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/48918199

この記事へのトラックバック一覧です: 真夏の桜たち:

« めざせ学閥打破 | トップページ | 蒼い稲妻 »