« 「エリアル09」 | トップページ | そろそろ松もとれる頃 »

2010年9月14日 (火)

OK牧場の決闘

民主党のOざわ元代表と、Kん現代表のあいだで総理の座を争う代表選挙が戦われた。
結果はKの圧勝。Oはどういう目算があってあの唐突な出馬を敢行したのやら。

興味深いのは、国会議員と自治体議員では互角に近い勝負であったのに対し党員サポーター票では5倍もの差がついたこと。世論の動向を見てK支持を決めた議員が多いと言われるなかでもなお議員と党員のあいだでこれほど投票行動に違いが出たということは、民主党の議員連中の発想がいかに世論から遊離しているかを示している。

不思議なのは、「Oの指導力に期待して云々」というコメントがよく聞かれたこと。Oは党務や選挙でしばしば辣腕を振るってきたが、政策通だという話は聞いたことがない。これだけ名の知れた政治家でありながら実は閣僚経験もほとんどないのだ。その政策立案能力は有り体に言って未知数。まあ民主党政権自体がまったく未知数なのだが、それでも他の候補に比べてOに期待できる要素とは三十一には感じられない。

K続投という結論になったのは、結果としてベターではあったと思う。あっちよりはマシ、という程度だが。

|

« 「エリアル09」 | トップページ | そろそろ松もとれる頃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/49448632

この記事へのトラックバック一覧です: OK牧場の決闘:

« 「エリアル09」 | トップページ | そろそろ松もとれる頃 »