« 「海軍航空の基礎知識」 | トップページ | 三代目は身上潰す »

2010年9月26日 (日)

政治主導の実態

尖閣諸島周辺の日本領海で操業していた疑いで拘束されていた中国人の漁船船長が那覇地検から釈放された。中国が戦略物資である希少物質の輸出を制限したり日本人ビジネスマンを「軍事施設を撮影した」として拘束したりと圧力を高めるなかでの釈放だ。

政府は「指揮権を発動したことはない。釈放は那覇地検の判断」としており、那覇地検のほうは「日中関係も考慮して釈放することにした」とコメントしている。

ニュースを聞いた三十一は「何やってるんだかなあ」と思った。やってることがちぐはぐすぎる。

ま、政府が正式なコメントとしては他に言いようがないのは理解できる。だがそれにしても、これまで「法律に従って粛々と処理する」と言い続けていたのが結局は中国の圧力に屈してしまったことは明らかだ。表面をどう取り繕っても、まわりがそう見てしまう。
「中国とパイプのない民主党政権は落としどころを見つけらないままズルズルと事態を悪化させてまずい対応をしてしまった」という観測もあるらしい。それが事実かどうか三十一に判断するすべがないのだが、確かにもう少しうまい落としどころがあってもよさそうに思う。

それにしても、「政治主導」を看板に掲げて発足した民主党政権が責任を検察という役人に押しつけてしまう形になったのは皮肉なことだ。

|

« 「海軍航空の基礎知識」 | トップページ | 三代目は身上潰す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/49571589

この記事へのトラックバック一覧です: 政治主導の実態:

« 「海軍航空の基礎知識」 | トップページ | 三代目は身上潰す »