« OK牧場の決闘 | トップページ | 「海軍航空の基礎知識」 »

2010年9月21日 (火)

そろそろ松もとれる頃

今年も早いものですでに2週目に入った。

年齢のせいだか猛暑のせいだか知らないが、去年までのようなペースで試合を観ていると体がもたなくなってきた。今週は連休でちょっとマシだが。

わがデンヴァーだが、なんとしたことか先週も今週も試合が放映されない。おかげで三十一はまだ今年のチームを観ていないのだ。それはつまりわがデンヴァーが「かつての」強豪であって現在の有力チームとは見なされなくなってしまっているということだ。残念だが仕方がない、実力の世界だ。

これまで観た試合の中で印象に残ったのはヒューストン。ここ何年かで徐々に力をつけてきていて、今年は期待できるんじゃないかと言われていたが、まさか開幕戦でインディアナポリスに勝つとは思わなかった。今年の台風の目になるのは間違いないだろう。ヘッドコーチの Gary Kubiak は言うまでもなく元デンヴァーのオフェンスコーディネーターで、今年からオフェンスコーディネーターになった Rick Dennison は去年までデンヴァーのオフェンスラインコーチだった。考えようによっては、かつてのデンヴァーの正当な後継者と言えるかもしれない。
そのかつてのデンヴァーのヘッドコーチだった Mike Shanahan は1年の浪人の末、今年からワシントンのヘッドコーチに就任。ヒューストンのオフェンスコーディネーターを勤めていた息子 Kyle Shanahan を自チームのオフェンスコーディネーターに引っこ抜いていった。その代わりに Kubiak が起用したのがかつてデンヴァーで同僚コーチだった Rick Dennison というわけだ。じゃあ、本来の正当な後継者はワシントンじゃないか、と思われるかもしれないが10年前のシステムがそのまま通用しないのが NFL だ。近年のデンヴァーが低迷したのはそのせいだと三十一は思っている。エッセンスやフィロソフィーは受け継いでもいいがシステムは常に進化しなければいけない。かつての成功体験を捨てることのできない人間には無理だ。Mike Shanahan にそれができないとは言わないが、Gary Kubiak のほうがやりやすい環境にあるとは言えるだろう。

|

« OK牧場の決闘 | トップページ | 「海軍航空の基礎知識」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/49512487

この記事へのトラックバック一覧です: そろそろ松もとれる頃:

« OK牧場の決闘 | トップページ | 「海軍航空の基礎知識」 »