« 実弾の応酬 | トップページ | 2010年11月の打ち上げ »

2010年11月28日 (日)

しなの!

そのテの人種のご多分に漏れず、三十一もかつては700分の1の艦船模型、いわゆるウォーターラインシリーズを作ったことがある。「ことがある」どころではない、小学校高学年の頃には毎月の小遣いのほとんどをつぎ込んでいたくらいである。少なくとも当時の日本艦艇シリーズはほぼ網羅したはず。同型艦がある場合は全艦を制覇したわけではないけれど。

実は10年くらい前に発作的に模型造りが再燃した時期があり、そのころに道具や塗料をかなり買いそろえた。しかし丁寧に塗りながら作成していると例えばドイツ巡洋戦艦シャルンホルストを完成させるのに半年かかったりする。そんな先が見えない作業を続けるのにくたびれたのかもしれないが、やがて再燃の炎も下火になり、あとには「いずれ作ろう」と買った模型たちと道具一式が残った。

ところが一月くらい前からまた作り始めた。何がきっかけだったのかわからない。今回は塗装なんて面倒くさいことはバイパスして、積んだままだった未作成模型を消化し始める。実際に作り始めてみるとそこは昔とった杵柄、ひとつ作るのにわずか数時間。塗装しないとこんなに早く終わるんだなあ。写真は昨日から今朝にかけて、約6時間くらいで作った「信濃」。

Pb100016_2

|

« 実弾の応酬 | トップページ | 2010年11月の打ち上げ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/50156516

この記事へのトラックバック一覧です: しなの!:

« 実弾の応酬 | トップページ | 2010年11月の打ち上げ »