« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月27日 (日)

「Europe's Space Programme」


ちょうど年が変わる頃から読み始めて、ほぼ2か月かけてようやく読み終えた。実は2003年の出版でわりと古い本なのだ。買ったのは2008年。

三十一が宇宙開発に興味を持ちだしたころ、学校の図書室で見つけた子供向けの解説書の中に、当時としてはめずらしくヨーロッパの宇宙開発について記した個所があり、三十一はそれでフランスが独自に衛星を打ち上げたこと、そしてヨーロッパ諸国が共同で開発したその名も「ヨーロッパ」というロケットが失敗に終わったことを知った。まだアリアン・ロケットは名前も聞かないころだ。時代がわかるなあ。

1970年代はじめ、ヨーロッパの宇宙開発は危機に瀕していた。しかしフランスは諦めなかった(イギリスは諦めた)。それまでのヨーロッパの宇宙開発には先頭に立って責任を負う国がなく、それが失敗の原因とみてとったフランスは、自ら責任を負うことを決断した。ESA(European Space Agency)を創設して最大の出資国となり、アリアン・ロケットの開発を推し進めた。30年後の現在、フランスをはじめとするヨーロッパは宇宙開発において大きな存在感を示している。

フランスが主導権を握ってはいるが、ESAは複数国の寄り合い所帯だ。それぞれ思惑の異なる各国をまとめるために、ESAは各国にある程度自由な行動を認めてきた。各国はESAへの関与のほかに独自の(あるいは域外国または域内国と共同で)プロジェクトを進めることを認められる。また、ロケット開発や探査計画などの大型プロジェクトでは、各国がその都度出資するか否か、出資するならどの程度の比率かを独自に決定する。ESA理事会はしばしば、プロジェクトの発案国が参加国に出資を募る場となった。
そのいっぽうで、全体的な整合性を保つには長期的な展望が必要だ。例えば、ESAは1983年に科学的探査の分野に関する Horizon 2000 という報告を作成し、その中で21世紀に至るまでの長期計画を提示している。

日本は基本的に単独で宇宙開発を進めているからこういう配慮が不要な代わりに、長期的展望もない。「選択と集中」というお題目だけはあるが実効がともなっていない。規模としてはわりと近いヨーロッパをもう少し見習ったほうがいいんじゃないかな。アメリカの後追いばかりしてないでさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月22日 (火)

リビアの独裁者とラピュタと宇宙飛行士

リビア軍に大佐の階級をもつ人物は沢山いるだろうけど、ひとりだけ飛び抜けて有名だ。その大佐どのも近頃はだいぶ追いつめられているらしい。

カダフィ大佐は1969年のクーデターのときに大尉から一挙に大佐に昇進して、それっきり40年あまり大佐の地位にとどまっているそうだ。敢えて将軍にならないのはそれなりの思惑があるのだろう。
だがしかし、怪しい軍人というと「大佐」と相場が決まっているのはなぜだろう。具体的に思い浮かぶのは「ラピュタ」のムスカ大佐だったりする。カダフィが大佐にとどまったままなのは結果としてイメージダウンだったのではなかろうか。某北国の将軍様と違ってカダフィはスタジオジブリなんか観ないだろうけどさ。

実際には、士官の多くがかろうじて大佐まで昇進するものの将軍に昇進することはかなわず、大佐のまま現役を退くことになるために「元将軍」に比べると「元大佐」がごくありふれた存在だということだろう。大佐と将軍の間にはそれくらい高い壁がそびえているのだ。
ひとつ実例を挙げてみると、アメリカの宇宙飛行士の多くは、特に初期が軍人出身であった。これら軍人出身の宇宙飛行士の最終階級は、ほとんどが(たぶん8割くらい)大佐なのである。おそらく、宇宙飛行士になれるくらいの能力の持ち主で無事に任務をまっとうできれば誰でも大佐までにはなれるのだろう。しかしそこから上は相当狭き門らしい。例えばアメリカで最初に軌道をまわったジョン・グレンも、アポロ11号で月面を歩いたバズ・オルドリンも、ジェミニとアポロとスペースシャトルで6回の飛行を経験し宇宙飛行士室長を長年つとめたジョン・ヤングもみんな大佐どまりなのであった。ちなみに初めて月に立ったニール・アームストロングは当時すでに軍をやめて民間人の資格でNASAに勤務していた。
宇宙飛行士が将軍の地位を得るためには、宇宙飛行で功績をあげるよりは、地上の管理業務で評価されることが必要なようだ。アメリカの宇宙飛行士で大将の地位を得たのは 2006年のチルトン空軍大将が最初で、しかも今のところ彼だけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月16日 (水)

本音と建て前

ロシア外相、日本を牽制 「第2次大戦の結果認めよ」 (asahi.com)

ラブロフ外相は「第2次世界大戦の結果を認めるという他の国がしていることを、日本がする以外に方法はない」と述べた。

ロシアの外務大臣が、北方領土は第二次大戦でソ連領になったんだから日本はその現実を認めろ、と発言した。
これを聞いたとき、三十一は「あ、それ言っちゃうの」と思った。
世の中には本音と建て前というものがあって、特に外交の場では恐ろしく婉曲な建て前が未だに幅を利かしている。仮にも外務大臣ともあろうものがこれほど率直でむき出しの発言をするのは珍しい。

建て前では、第二次大戦は民主主義国家群が全体主義国家群に対して勝利した戦争であって、領土の争奪は目的ではなかったはずである。少なくとも連合国側にとっては、ね。
三十一が知る限りにおいて、独立とかかつて戦争で奪われた領土を取り戻したケースをのぞいて、第二次大戦で新たに領土を獲得したのは当時のソ連、いまのロシアくらいだ。そのロシアが「結果を認めろ」と言うのには苦笑を禁じ得ない。

だがしかし、それは裏を返せばロシアの側にはこれっぽっちも北方領土について譲る気がない、ということの証しでもある。見通しは厳しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月15日 (火)

りにゅーある

しばらくサボってしまって申し訳ない。

先月突発的に作ったサイトの改善に夢中になっていたのだが、だいぶそれらしくなってきたので公開に踏み切ることにした。構想の中にある完成形にはまだまだほど遠いのではあるが。昔作っていたページといい三十一はこの手の作業が好きなんだなあ。

URL (というか、ファイルの拡張子)が変わってしまっているので、万一ブックマークしているような物好きな方がおられたら登録し直してほしい。いちおうもとの URL にリダイレクトページを置いておいた。また、改善前のバージョンもいちおう残してある。

しかしせっかく作ったんだけど使ってる人いるのかな。まあ、自分が便利だからいいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 8日 (火)

2010年の結末

これまでのプレイオフの結果について論評するのを後回しにしているうちに、シーズンが終わっちゃったねえ。

第45回スーパーボウルは、AFC がピッツバーグ、NFC がグリーンベイと名門チーム同士の対決になった。ピッツバーグはここ5年で2回出場、2回優勝しているがその前は1995年出場するも敗退。三十一はこの試合は見ていない。そのさらに前は70年代になる。一方のグリーンベイは、三十一が NFL を見始めたその年にスーパーボウルに出たものの、我がデンバーに負けている。もちろん当時の QB は Brett Favre だった。スーパーボウル出場はそれ以来になる。考えてみれば Brett Favre はそれ以後一度もスーパーボウルに出られなかったことになるなあ。

試合は、グリーンベイが終始リードする形で進んだ。ピッツバーグも特に後半になって迫ってきたが、とうとう追いつけなかった。ファイナルスコアは 31 - 25 と1タッチダウン差だったが、勝負を決めたのは2度のターンオーバー、インターセプトとファンブルリカバーだろう。これがどっちもグリーンベイのタッチダウンに結びついている。この14点がなかったら試合の結果はどうなっていたかわからない。

何はともあれ今年もこれで終わり。あと9月までは抜け殻になるのでよろしく。NFLの労使交渉の行方も気になるところだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

2011年1月の打ち上げ

1月は4件。
今年は長い正月休みでもとっていたのか、最初の打ち上げが20日となった。当初の予定では日本の H-IIB が今年一発目となるはずだったが、悪天候による順延で先を越されてしまった。どうでもいいけど。

せっかく作ったので、打ち上げ一覧はこれからこっちを見てください。

Orbital Launch Chronology

手抜きというわけではないのだよ。実はこっちのほうがよほど手がかかっているのだ。

今年の初打ち上げを飾った Zenit 3F は、Zenit 2M ロケットに Fregat 上部ステージを組み合わせた新顔の構成だ。もっとも、Zenit 2M も Fregat も充分実績があるので、新型とは言いがたい。

Delta IV Heavy は西海岸から初めての打ち上げ。軍事目的なので詳細は公表されていないが、重量 20 トンに近い KH-12 偵察衛星と考えられている。これまで KH-12 は Titan IV で打ち上げられていたが、Titan は引退してしまったので今後は Delta ロケットで打ち上げられることになるんだろう。

そして、1月の終わりになって国際宇宙ステーション(ISS)むけの補給船が相次いで打ち上げられた。実は2月半ばには ATV の打ち上げも予定されている。そして2月末には久しぶりのスペースシャトルがISSに向かう。ISSのほうからしてみればちょっとした訪問ラッシュになるわけだ。日本人がいないと日本のマスコミはほとんど報道しないけどさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »