« たたかうくるま | トップページ | 2011年3月の打ち上げ »

2011年3月27日 (日)

内需拡大

三十一のところでは先週は結局一度も停電はなかったらしい。しかしその前の週は2回も食らった。一度目は予期していたのでパソコンだのサーバーだのはあらかじめ止めておいたのだが、その翌日「まさか二日連続はないだろう」と高をくくっていたその不意を突かれてエンコードにぶん回していたパソコンをたたき落とされてしまった。

停電が回復してから再起動してみると何事もなかったように使えたのでその場は安心したのだが、その後遺症なのかなんなのか、それからそのパソコンがしばしば立ち上がらなくなるという現象が起こり始めた。何度再起動しても全然立ち上がらないこともあって、そういう場合はCD-ROMからOSの修復インストールをするととりあえずその場は立ち上がるようになるのだが、それも長続きせずしばらくするとまた立ち上がらなくなる。
うまく立ち上がったと思っても、ちょっとまとまった分量のファイルコピーをしていたらいきなりブルスクリーンになったりと言った不安定な挙動が見られるようになった。

これはどうもどこかイカれたらしい。原因はいくつか考えられるが、これまでの三十一の経験からしてまずメモリーでも交換してみるかとこの週末に秋葉原にでかけた。いまどきDDR2のほうがDDR3よりも高かったりするのに今さらながらがっかりしたりしながら物色しているうちに、ふと目にとまったのがひとつのマザーボードである。LGA1155 のマザーボードも安くなったなあなどと思いながら見ているうちに、これと手頃なCPU(とメモリー)を組み合わせても3万円ちょっとで中身を一新できるなあと思い始めた。もともとCPUを増強してビデオエンコードの時間を短縮したいという願望はあったのだが、ほとんど衝動買いに近い勢いで一式そろえてしまった。

とりあえずマザボはこれで

ASUS P8H67-V

CPU はこっち。

Intel CORE i5-2500K

もともとが Celeron 3.06GHz というかなり年代物の CPU なので格段の性能向上が期待できる・・・はずだったのだが、まあ一言では言えないくらい色々あって未だにその真価を発揮できない。まさか USB マウスが必要だったとは。

結果として停電が三十一の財布の紐を緩めさせたわけで、東電がもたらした経済効果と言えなくもない。

|

« たたかうくるま | トップページ | 2011年3月の打ち上げ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/51234530

この記事へのトラックバック一覧です: 内需拡大:

« たたかうくるま | トップページ | 2011年3月の打ち上げ »