« "節約"という気分 | トップページ | 2011年4月の打ち上げ »

2011年4月25日 (月)

遅い春

三十一は日本の官僚制の強固さを見損なっていたらしい。かの大震災をもってしても、年度末に予定されていた人事異動を一月延ばすことしかできなかった。

4月27日付で将の異動を含む組織改編と人事異動が発令される。

大きな組織改編はもっぱら北部方面隊と東部方面隊で、現在の災派の主役である東北方面隊の組織改編はほとんどない。これは震災を考慮したというよりも、もともと東北方の改編が先行で試行的に実施済みだからだろう。
異動も、東北方では比較的小規模だったように思える。そこはさすがに配慮したのだろう。だがまったくないというわけではない。例えば多賀城の第38普通科連隊長も異動になった。また東北方面総監部の幕僚もいくらか代わっている。これは作戦行動中であっても少々の異動なら適宜引き継ぎして業務を継続できるということの現れと言えるかもしれない。

将への昇進・勇退は陸3、海3、空1。

陸将

寺﨑芳治(防20)第8師団長>退職
堀口英利(防23)陸将補・第12旅団長>第8師団長

長谷部洋一(防20)陸自幹部学校長>退職
河村仁(防22)第10師団長>陸自幹部学校長
宮嵜泰樹(防22)陸将補・陸幕監察官>第10師団長

師富敏幸(防20)陸自研究本部長>退職
中川義章(防22)第1師団長>陸自研究本部長
湖﨑隆(防21)陸将補・北方幕僚長>第1師団長

海将

永田美喜夫(防20)潜水艦隊司令官>退職
矢野一樹(防22)海将補・海幕装備部長>潜水艦隊司令官

柴田雅裕(名工大)舞鶴総監>退職
佐々木孝宣(防21)海将補・海自第1術科学校長>舞鶴総監

安達孝昭(東北大)技本船舶担当技術開発官>退職
曽我眞二(防21)海将補・海幕技術部長>技本船舶担当技術開発官

空将

渡邊至之(防20)中部航空方面隊司令官>退職
石野次男(防22)空将補・航空救難団司令>中部航空方面隊司令官

|

« "節約"という気分 | トップページ | 2011年4月の打ち上げ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/51486864

この記事へのトラックバック一覧です: 遅い春:

« "節約"という気分 | トップページ | 2011年4月の打ち上げ »