« トラよりもスズメバチが好き | トップページ | 2011年5月の打ち上げ »

2011年5月29日 (日)

レッドバロン

昨日のことだけど、久しぶりに映画を見てきた。東京から千葉に転勤になって以来、会社帰りに映画館に寄っていくという芸当ができなくなってしまった。

んで、見たのはレッドバロン。このタイトルでわかる人はわかるだろうけどわからない人はまったくわからないだろう。第一次世界大戦のヒコーキものだ。

レッドバロン公式サイト

切符を買うために窓口に並んでいるときや、エレベーターを待っているときに周囲にいたのは、普段きっと映画なんかみないであろうと思われるそこそこ年を食った男性が多かった。
このひとたちは、いつもはきっとカメラを抱えて飛行場のあたりをうろついてるんだろうなあと、なんか納得してしまった。

個人的には、この映画はハリウッド製ではなくドイツ製ということで、金はかかっていないかもしれないが内容はきっちり作り込んでいるだろうと期待していったんだが、一番最初に出てきたセリフが明らかに英語だったのでちょっとがっかり。

話は実質的に1916年という戦争もすでに半ばの時期から始まっていて、背景の説明があまりない。リヒトホーフェンのフルネームであるマンフレート・フォン・リヒトホーフェンも(字幕を見ているかぎりでは)ほとんど呼ばれることがなく、日本の観客の中には最後まで主人公のファーストネームがわからなかったひともいるのではなかろうか。

まあそんなことはこの映画を見に来ているオジサンたちにはどうでもいいことで、問題はヒコーキや空中戦のシーンがどれくらい作り込んであるかである。

ドイツ側で出てきた機体はおそらくアルバトロスと、フォッカー三葉機のように思われる。イギリス側ではソッピースと説明があったがソッピース・キャメルかなあ。途中で出てきた爆撃機は一瞬ゴータかと思ったけど、連合軍の機体だからそんなわけない。空中戦のシーンはアップが多すぎて展開がよくわからない。状況説明を兼ねた引きのシーンがもう少しあってもよかったように思う。そうでないと見ているほうの勉強にならないぞ(目的が違う)。

正直言って不満はたくさんある。例えばリヒトホーフェンは初め騎兵隊に入っていて戦争開始後に飛行隊に移ったとか、観測気球の周囲には対空機銃が多数配備されていて気球攻撃はかなりリスクの高い戦闘だったとか、パイロットが安易に機体を見捨てないようにという理由でパラシュートの装備を軍が許可しなかったために機体が火を噴いたらまず助からなかったとか、そういうストーリーを理解するために必要な肝心な情報がまったく提供されていないように見える。

ただの悲恋ものになっちゃってるような気がして残念。でも DVD か BD が出たら(値段しだいだが)買うかもしれない。

|

« トラよりもスズメバチが好き | トップページ | 2011年5月の打ち上げ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/51801675

この記事へのトラックバック一覧です: レッドバロン:

« トラよりもスズメバチが好き | トップページ | 2011年5月の打ち上げ »