« 「第一次世界大戦(上)」 | トップページ | 夏の桜1輪 »

2011年6月24日 (金)

世界最強の軍隊

"世界最強の軍隊"という話がある。
世界最強の軍隊とは、ロシアの兵士、日本の下士官、ドイツの参謀、アメリカの指揮官からなる部隊だ、というのがそれだ。これは第二次大戦ごろを念頭においたもので現代とはやや趣が異なるだろうけど、何となく雰囲気がわかるだろう。

日本の下士官は世界レベルで見ても非常に優秀という定評があるということになるが、そのバリエーションとして次のような話がある。
ノモンハン事件でソ連軍を指揮したジューコフ将軍が相手の日本陸軍を評して「日本陸軍の下士官は非常に優秀であり、兵士と下級将校は狂信的な勇敢さで戦うが、高級将校は無能である」と述べている。
そのいっぽうで、アメリカ海軍太平洋艦隊司令長官のニミッツ元帥は日本海軍に対して「最もすぐれているのは下士官、兵士と下級士官がそれに次ぎ、高級士官がもっともよくない」と語ったという。
時系列的にはジューコフのほうがニミッツよりも先になるのだが、ジューコフの発言はスターリン没後に回想録の中で語られたものだからニミッツはジューコフの言葉を知りようがない。つまり、日本と戦った相手がまったく別個に独立して同じ結論に達したということだ。おまけにその対象は片方が日本陸軍を、もう片方が日本海軍という別の組織であったということに注目すべきだろう。これは実は単に陸軍や海軍といった組織に固有の問題ではなく、日本のいろんな組織に共通の傾向ではないかと考えられ、実際そう考えるといろんなことがうまく説明できるような気がする。

ジューコフとニミッツが共通して最優秀としたのが下士官で、無能と評したのは高級将校である。これを一般社会にあてはめてみると「下士官」は現場たたきあげのベテランで、「高級将校」は政界や財界で大きな顔をしている連中のことであろう。この図式は現在でもそのまんま通用すると思うのは三十一だけではあるまい。

ここから少し怖い考えになってしまった。日本の政界人と財界人がこぞって日本の強みであると自画自賛してしがみつく「日本式経営」とは実際のところ単なる「下士官丸投げ」でしかないんではなかろうかと思ってしまったのだ。残念ながら三十一にはこの思いつきを否定する材料がみつからなかった。特に最近の政界の動きや、日本でも有数の大企業である東電のていたらくを見ているとね。

|

« 「第一次世界大戦(上)」 | トップページ | 夏の桜1輪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/52033525

この記事へのトラックバック一覧です: 世界最強の軍隊:

« 「第一次世界大戦(上)」 | トップページ | 夏の桜1輪 »