« 日本の新幹線は橋から落ちません | トップページ | 2011年7月の打ち上げ »

2011年7月30日 (土)

東北に咲いた桜

金曜日に会社から帰宅してみるとポストに新聞が届いていた。

1面に顔写真がずらりと並んでいたので「ああ夏の異動が発表されたな」と思いながら折りたたまれた紙面の裏側をめくってみると見出しが目に入った。

陸幕長に君塚陸将

君塚陸将と言えば東北方面総監だ。東日本大震災にあたって、陸海空部隊を統合指揮する統合任務部隊が初めて編成されたが、その指揮官となった人物でもある。しかし、三十一の事前の予想では陸幕長後任からは完全に脱落していた。なぜなら、自衛隊創設から半世紀あまり、いまだかつて東北方面総監から陸幕長に進んだ人は一人もいないからだ。
陸上自衛隊には大臣直轄のいわゆるメジャーコマンドが北部・東北・東部・中部・西部の5方面隊からなる体制が長くつづいてきたが、このうち東北方面隊についていうと廃止・合併の噂が絶えない。
これまでの通例で考えると、同期(20期)ではあっても東部方面総監の関口陸将または西部方面総監の木崎陸将が有力、とみるのが普通だった。同期の東方総監をさしおいて東北方から陸幕長に上がるのは画期的だ。やはりそこには震災以来3ヶ月以上の統合任務部隊指揮官としての功績が評価されたのだろうか。

今回の異動はかなり規模が大きい。三十一もまだ全体像を把握しきれないでいる。8月1日と5日で合わせて、1佐職以上だけでも500人以上動いている。将・将補の異動は5日付けで将への昇進・勇退は10名。将補への昇進は20名。なお、女性自衛官がひとり空将補に昇進しており、現時点で唯一の女性将官となる(過去に存在していたことはあった)。

退職・火箱芳文陸将(18期)
<陸上幕僚長・君塚栄治陸将(20期)
<東北方面総監・渡邊隆陸将(21期)
<統合幕僚学校長・林一也陸将(21期)
<第9師団長・田邉揮司良陸将(24期)
<陸幕装備部長(陸将補)

退職・関口泰一陸将(20期)
<東部方面総監・渡部悦和陸将(東京大)
<陸上幕僚副長・久納雄二陸将(22期)
<第6師団長・日髙政広陸将(23期)
<中方幕僚長(陸将補)

退職・木﨑俊造陸将(20期)
<西部方面総監・宮下寿広陸将(22期)
<防衛大学校幹事・田中敏明(23期)
<第2師団長・平野治征(21期)
<陸自関東補給処長・海沼敏明陸将(23期)
<第13旅団長(陸将補)

退職・宮島俊信陸将(20期)
<中央即応集団司令官・藤﨑護陸将(22期)
<第3師団長・番匠幸一郎陸将(24期)
<陸幕防衛部長(陸将補)

退職・倉本憲一海将(19期)
<自衛艦隊司令官・河野克俊海将(21期)
<統合幕僚副長・岩田清文陸将(23期)
<第7師団長・磯部晃一陸将(24期)
<統幕防衛計画部長(陸将補)

退職・髙嶋博視海将(19期)
<横須賀地方総監・河村克則海将(21期)
<海上幕僚副長・武居智久海将(23期)
<大湊地方総監・山口透海将(22期)
<防大訓練部長(海将補)

退職・方志春亀海将(20期)
<教育航空集団司令官・鮒田英一海将(東京大)
<海幕人事教育部長(海将補)

退職・大塚八左右海将(医1期)
<中央病院副院長・瓜生田曜造海将(医3期)
<海幕首席衛生官(海将補)

退職・長島修照空将(20期)
<航空幕僚副長・中島邦祐空将(23期)
<西部航空方面隊司令官・廣中雅之空将(23期)
<統幕運用部長・井上力海将(24期)
<自衛艦隊幕僚長(海将補)

退職・森下一空将(20期)
<航空支援集団司令官・彌田清空将(21期)
<空自幹部学校長・平田英俊(東京大)
<南西航空混成団司令・半澤隆彦空将(24期)
<空幕防衛部長(空将補)

|

« 日本の新幹線は橋から落ちません | トップページ | 2011年7月の打ち上げ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/52347466

この記事へのトラックバック一覧です: 東北に咲いた桜:

« 日本の新幹線は橋から落ちません | トップページ | 2011年7月の打ち上げ »