« カラオケに登録されない曲 | トップページ | 2011年8月の打ち上げ »

2011年8月31日 (水)

6年間で6人目

もちろん、日本国の総理大臣の話である。

しょっちゅうクビがすげ替えられることで有名な(有名か?)オークランド・レイダースのヘッドコーチだってもう少し平均寿命は長いだろう。

ちょっと風向きが悪くなってくると看板を掛け替えてイメージを一新しようという圧力が働くのは、つまりこの国の政治が政策ではなく雰囲気で動いていることの証左だろう。菅内閣ができたときに、鳩山内閣を潰した課題が何ひとつとして解消していないにもかかわらず支持率が一挙に上がってしまうという現象が起きたが、政治家だけではなく有権者も雰囲気で動いてしまうようでは偉そうなことは言えない。

民主党の代表が替わったとしても基本構造は変わっていないのでそれほど大きな期待はできないだろう。ただし、前2代の民主党代表のようにスタンドプレーに血道を上げるような性格ではなさそうなので、そこだけは多少期待している。もちろんスタンドプレーを全く行わないで政治家はやってられないだろうけど、「財政再建のため増税もやむなし」と選挙前に断言できる正直さは評価できる。

個人的に三十一は財政再建が日本の最大の課題だと思っている。以前はそれほど危機感を持っていなかったが、今後税収が増える見込みがないにもかかわらず借金が増え続けている現状は破滅に向かって坂道を転がり落ちているようなものだ。少なくともこの財政赤字を減らす方向の施策がどうしても必要である。もちろんそこには国民負担が生じる。しかしいまこの負担を負わずに先送りしていたら、やがて円の通貨価値は失われて金融の機能はマヒしかねない。そうなってしまってはどんな政策も事実上実行不可能となる。「主婦の立場からは増税は困ります」などと言っていられる状態ではなくなる。最悪、カネがいくらあってもモノが買えないということになってしまう。

まだ漠然とではあるが、最悪の事態にそなえて三十一は国外脱出を考え始めている。政府は国民がつくるものだが、三十一ひとりの考えでできるものではない。できあがった政府が三十一が求めるものと違った場合、異なる政府を選択するというのもありではなかろうか。

|

« カラオケに登録されない曲 | トップページ | 2011年8月の打ち上げ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/52609296

この記事へのトラックバック一覧です: 6年間で6人目:

« カラオケに登録されない曲 | トップページ | 2011年8月の打ち上げ »