« そろそろ松もとれるころ2011 | トップページ | 2011年9月の打ち上げ »

2011年9月26日 (月)

「北の国から」


放送開始 30 周年だそうで Blu-ray で発売されたので、なんだか買ってしまった。

当時三十一は中学三年生(年がバレるなあ)で、本放送のときには毎回は見ていなかった。家族は毎週見ていたようで、三十一も覚えているかぎりにおいては見ていたのだが、何しろ中学三年生といいう年齢だったので、リビングで親と顔をつきあわせているよりは自分の部屋でラジオでも聞いていたほうがはるかに気楽で夕食が済んだら早々に自室に引きこもるのが通例であった。で、だいたい2回に1回は見るのを忘れてしまっていたのである。もちろんそのころ自室にテレビなどという贅沢なものはなかったし、我が家にビデオなどという文明の利器もなかった。テレビはその時間に階下のリビングにいるしか見る術はなかった。

だから三十一がこのドラマをちゃんと通しで見たのはむしろ再放送であった。その後に何年も続いた続編の単発ドラマは、はじめのうちは見ていたけどやがて見なくなってしまった。三十一が見ていたのは「旅立ち」くらいまでだったと思う。

さて、久しぶりに見直してみた感想はといえば、物語のはじまり黒板一家が富良野にやってくる場面で、列車が布部駅に入ってくるシーンでは先頭がキハ40、後ろがキハ22の二両編成であったのに対し、その列車から黒板一家が降り立つシーンでは先頭がキハ56またはキハ27、後ろがキハ40 という編成になってしまっていたことだ。先頭車両はほとんど妻面しかみえないけれど、塗色からほぼ間違いなかろう。

ドラマの内容?
そういやこんな話だったね。

|

« そろそろ松もとれるころ2011 | トップページ | 2011年9月の打ち上げ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/52832716

この記事へのトラックバック一覧です: 「北の国から」:

« そろそろ松もとれるころ2011 | トップページ | 2011年9月の打ち上げ »