« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月24日 (月)

めざせ人でなし

三十一はかねてから非国民をめざしてきたのだが、もうひとつ目標がある。
それは「人でなし」である。

もともとある程度の自覚はあった。世の善男善女から見れば三十一はかなりの人でなし、人非人に見えることだろう。だが三十一自身の自分への評価はと言えば、まだまだ半端な「人でなし」でしかない。この世にはもっと立派な「人でなし」がごろごろしていて、それに比べると三十一は赤子のようなものだ。これからもっと完成された「人でなし」をめざして精進しよう。

さて、これ自体は前々から思っていたことで、三十一自身にとってはさして目新しい目標ではないのだが、なんで急にそんなことを言い出したかというと、三十一よりもずっと影響力を持つひとがこんなことを言っているのを見たせいだ。

人でなしの福島紀行 (前編) (後編) (野尻blog)

「人でなし」たちは興味本位で動き、不謹慎で思いやりに欠ける傾向にあるが、「人情や常識にとらわれない」「自然科学に忠実」「先入観がなく合理的に判断する」長所もあると思う。義憤に燃えたような扇動者がもたらした迷惑を思えば、「人でなし」を支持する人も少しはいるのではないだろうか。

考えようによっては、「人でなし」のほうが実は「人にやさしい」のではなかろうか。「人でなし」は表面的な感情や好悪を気にしないから、長期的に合理的な判断を下すことができる。個人的にはみんなが「人でなし」になるほうがよっぽどこの世が生きやすくなるような気がする。
こういうことを言うと誤解して筋違いの批判をする人がいるかもしれないので付け加えておくと、、「人でなし」だからと言って別に感情や好悪がないわけではない。感情や好悪と、判断の適否を切り離して考えることができるということだ。

ところで三十一のこうした性向はどうも母親の影響をうけているらしい。最近母親と話していて、どうも本人に自覚がなかったので指摘したところ「そうかもね」と初めて気付いたようなことを言っていた。そして母のその性格はそのさらに父(つまり三十一の祖父)から伝わったもののようだ。三十一にはこの性格を伝えるような身内はいないから、こうしてせっせと(というほど熱心ではないが)布教につとめている次第である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月21日 (金)

大佐逝く

追いつめられつつもしぶとくしつこく抵抗を続けていたリビアの大佐も、とうとう(文字通り)息の根を止められた。

死亡の経緯にはやや不透明なところがあるが、ひとつの区切りであるには違いない。抵抗の中核を喪って内戦は急速に収束されるのではないかと期待されるのだが、一部残党が散発的な抵抗を試みるかもしれない。今後は復興と政府の再建が喫緊の課題となるが、国民評議会側に肩入れしてきた欧州諸国が最近、金融危機でそれどころではない状態に陥っており、身内で手一杯でリビア支援には手が回らないかもしれない。

リビアの外に目をやると、今後はシリアが焦点になるだろう。
もともとカダフィは、イラクのフセインの非業の死を見て同じ轍を踏むことを恐れていたのに違いないが、結局はまさに同じ運命をたどることになってしまった。フセインに続いてカダフィまでも無惨な最期を遂げるのを目の当たりにしたシリアのアサド(息子)大統領はどう出るだろうか。
二代目だからなあ。後先考えずに強権に走るかもしれないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月19日 (水)

親不孝なひとでなし

今日、実家の父が手術をした。

手術前の説明にはついていったのだが、母親が「来なくていいよ」というので特に付きそうようなこともせず、普通に仕事をしていることにした。

だが、予定日が近づいてくると「やっぱり付き添えばよかったかもしれない」と思うようになった。なぜかと言えば、やはり血をわけた親が心配だからというわけではなく、身内だからといって手術の見学は無理にしても摘出した臓器の現物を見せてもらえるのではないかと思いついたのだ。こんな機会はめったにないだろうから、それを逃すのは惜しいと思い始めたのだ。

実際には、ちょうど仕事と重なって行きたくても行けなくなってしまった。「親が手術するから」と言えば誰かに押しつけて無理に休むこともできなくはなかっただろうが、変に同情を買うのもうっとうしい。もちろん「人間の生の臓器を実際に見ることができる貴重な機会だから」などという裏の理由を広言するわけにもいくまい。そうしたら、会社の後輩が今朝になって「親が入院したので実家に帰ります」といって急に休みをとったそうで、それを聞いた同僚が「心配だねえ」などと話しているのを聞いた三十一は「やっぱり言わなくてよかった」と思ったものだ。他人が同情されているのを脇で見ているだけでもうっとうしいのに、自分が同情される立場になったときには身もだえするくらいうっとうしいに違いない。

帰宅して母親に電話したところ、やはり摘出した臓器を見せてもらったそうで「写メ頼めばよかった」と思ったが母親にはそんな芸当は無理なのであきらめた。次の機会があったときには是非立ち会うことにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月13日 (木)

負けるが勝ちよ

2011年が始まって1ヶ月が過ぎた。

わが Denver Broncos の今年の評価はそれほど高くない、というかはっきり言えば低いので、日本で見られる NFL 中継にはあまり登場しない。第4週になってようやく Green Bay の対戦相手として放送され、それをさらに一週間送れで見たのが三十一にとっては今年初めてわがチームのゲーム観戦となる。

結果から言ってしまえば、23 - 49 と数字上はダブルスコアで大敗したわけで、解説者はもっぱら Green Bay をほめるいっぽうで Denver については QB Orton の資質に疑問を呈していた。

しかし三十一の見方は少し違う。もちろん力量の差は覆うべくもなく、完全な力負けではあるのだが、わが Denver の攻撃でも、短いパスやランをつないでロングドライブをものにしたシリーズが見受けられ、今年からまた 4-3 に戻した守備もルーキー LB Von Miller などの良い動きをする選手が見られた。勝てるチームを作るためのピースはそろいつつある。あとはバリエーションを増やすこと、個々のプレイの精度を上げること、それにプレイコールを洗練させること。現実にはまだまだ時間が必要だろうが、この延長線上に三十一は希望の光を見た。John Fox HC の手腕に期待するところ大である。
多少贔屓目かもしれないけどね。

ところで、第5週では同地区 San Diego に 29-24 で負けている。三十一はまだこの試合は見ていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 1日 (土)

2011年9月の打ち上げ

9月は9件。そのうち8件が月の後半に集中している。
示し合わせたわけではないんだろうが、ときどきこういうことがある。

Orbital Launch Chronology (2011/9)

10日 13.08.52 Cape Canaveral / Delta II Heavy (GRAIL-A, GRAIL-B)
18日 16.33.03 西昌 / 長征3B (Chinasat-1A)
20日 22.47 Baikonur / Proton M (Kosmos 2473)
21日 21.38 Kourou / Ariane 5 (Arabsat 5C, SES-2)
23日 04.36 種子島 / H-IIA (情報収集衛星)
24日 20.18 Sea Launch / Zenit 3SL (Atlantic Bird 7)
27日 15.49 Kodiak / Minotaur IV (Tacsat-4)
29日 13.16 酒泉 / 長征2F (天宮-1)
29日 18.32 Baikonur / Proton M (QuentzSat 1)

世間的には注目されているのは日本の情報収集衛星と中国の天宮1号だろうけど、三十一はあえてその点には触れず別のものをここでは取り上げる。

ひとたびは経営破綻した Sea Launch が再建され、太平洋上のオデッセイプラットホームからの打ち上げを再開した。2年5ヶ月ぶりになる。
Sea Launch についてはこれまでも何度か触れているが、個人的に三十一が注目しているビジネスモデルで、今後の打ち上げサービスのひとつのモデルケースになり得ると思っている。だからいったんは破綻したとしてもぜひ再起してほしかったので今回の打ち上げ再開は嬉しい。H-II を使った打ち上げも三菱丸投げじゃなくて、外資の導入を考えてもいいんじゃないかなあ。機体を開発したのは国(まあ JAXA だが)なので、機体を提供するかわりに打ち上げ枠を確保するという協定を結べばそれほど問題はあるまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »