« 「北の国から」 | トップページ | 負けるが勝ちよ »

2011年10月 1日 (土)

2011年9月の打ち上げ

9月は9件。そのうち8件が月の後半に集中している。
示し合わせたわけではないんだろうが、ときどきこういうことがある。

Orbital Launch Chronology (2011/9)

10日 13.08.52 Cape Canaveral / Delta II Heavy (GRAIL-A, GRAIL-B)
18日 16.33.03 西昌 / 長征3B (Chinasat-1A)
20日 22.47 Baikonur / Proton M (Kosmos 2473)
21日 21.38 Kourou / Ariane 5 (Arabsat 5C, SES-2)
23日 04.36 種子島 / H-IIA (情報収集衛星)
24日 20.18 Sea Launch / Zenit 3SL (Atlantic Bird 7)
27日 15.49 Kodiak / Minotaur IV (Tacsat-4)
29日 13.16 酒泉 / 長征2F (天宮-1)
29日 18.32 Baikonur / Proton M (QuentzSat 1)

世間的には注目されているのは日本の情報収集衛星と中国の天宮1号だろうけど、三十一はあえてその点には触れず別のものをここでは取り上げる。

ひとたびは経営破綻した Sea Launch が再建され、太平洋上のオデッセイプラットホームからの打ち上げを再開した。2年5ヶ月ぶりになる。
Sea Launch についてはこれまでも何度か触れているが、個人的に三十一が注目しているビジネスモデルで、今後の打ち上げサービスのひとつのモデルケースになり得ると思っている。だからいったんは破綻したとしてもぜひ再起してほしかったので今回の打ち上げ再開は嬉しい。H-II を使った打ち上げも三菱丸投げじゃなくて、外資の導入を考えてもいいんじゃないかなあ。機体を開発したのは国(まあ JAXA だが)なので、機体を提供するかわりに打ち上げ枠を確保するという協定を結べばそれほど問題はあるまい。

|

« 「北の国から」 | トップページ | 負けるが勝ちよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/52883182

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年9月の打ち上げ:

« 「北の国から」 | トップページ | 負けるが勝ちよ »