« 親不孝なひとでなし | トップページ | めざせ人でなし »

2011年10月21日 (金)

大佐逝く

追いつめられつつもしぶとくしつこく抵抗を続けていたリビアの大佐も、とうとう(文字通り)息の根を止められた。

死亡の経緯にはやや不透明なところがあるが、ひとつの区切りであるには違いない。抵抗の中核を喪って内戦は急速に収束されるのではないかと期待されるのだが、一部残党が散発的な抵抗を試みるかもしれない。今後は復興と政府の再建が喫緊の課題となるが、国民評議会側に肩入れしてきた欧州諸国が最近、金融危機でそれどころではない状態に陥っており、身内で手一杯でリビア支援には手が回らないかもしれない。

リビアの外に目をやると、今後はシリアが焦点になるだろう。
もともとカダフィは、イラクのフセインの非業の死を見て同じ轍を踏むことを恐れていたのに違いないが、結局はまさに同じ運命をたどることになってしまった。フセインに続いてカダフィまでも無惨な最期を遂げるのを目の当たりにしたシリアのアサド(息子)大統領はどう出るだろうか。
二代目だからなあ。後先考えずに強権に走るかもしれないな。

|

« 親不孝なひとでなし | トップページ | めざせ人でなし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/53050887

この記事へのトラックバック一覧です: 大佐逝く:

« 親不孝なひとでなし | トップページ | めざせ人でなし »