« 神の子テボウ | トップページ | 天にかける橋 »

2011年11月24日 (木)

「冷たい方程式」


新装版ではなく、新編集版ということで、旧作のうち二編だけを残して他は入れ替わっている。残ったのは表題作「冷たい方程式」と、アシモフの「信念」。

表題作は、発表後 50 年以上経ちながらいまだに新鮮な傑作。文庫で50ページにも満たない長さで、三十一はこれまで何度読み返したか数え切れないが、そのほとんどは実は書店での立ち読みで済ませたという罠。最終的には旧作も買ったのだが、結局この表題作しか読んでいない。コンパクトにまとまっているだけに、何を話してもネタバレになってしまうので説明が難しい。そこでここでももう一度言うことにしよう。

まあとにかく読んでみてください。

表題作を含めて収録されているのは全部で9本だが、どれも例外なく面白かった。はじめのうち少し読みづらく感じるものもなくはなかったが読み進めるうちにどんどん先を読みたくなってくるという現象をこの一冊のなかだけで何度も経験した。「冷たい方程式」と「信念」は別格として、そのほかに強いて特に気に入ったのを挙げるとすると、シェクリイの「徘徊許可証」であろう。いかにもシェクリイらしい皮肉の効いた作品だ。また、厳密に SF とは言い難いが「みにくい妹」も面白かった。わずか14ページ、しかけがわかるまでは何ということのないただの愚痴のように思えるのだが、しかけがわかった瞬間に目からウロコが落ちた。

Amazon の書評は旧版も新版も共通らしく、投稿済みのコメントはその大半が旧版むけのものだ。それによると、旧版にはシェクリイの別の短編が収録されていたらしい。家の中のどこかにはあるはずなので、探してみようかな。きっと無理だなあ、このカオスの中から発掘するのは。

|

« 神の子テボウ | トップページ | 天にかける橋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/53325895

この記事へのトラックバック一覧です: 「冷たい方程式」:

« 神の子テボウ | トップページ | 天にかける橋 »