« 今年もあと1月を切りました | トップページ | ついに空の番 »

2012年1月27日 (金)

インディアナポリスの決闘

NFL の試合の中で一番面白いのは実はスーパーボウルではなく、その出場チームが決まるカンファレンスチャンピオンシップである、と言われている。
今年のカンファレンスチャンピオンシップも、その定説を裏切らない競った試合だった。
なにしろ、AFC も NFC もどちらもアメフトにおける最小得点差と言える 3 点差の試合だった。

Baltimore 20 - 23 @ New England
NY Giants 20 - 17 @ San Francisco (OT)

AFC 側のプレイオフは結局、すべての試合でホームチームが勝った。つまり、常にシード順が上のチームが勝ち進んできた、ということだ。すなわち、AFC 優勝はレギュラーシーズンの成績が 1 位のニューイングランドとなり、これ以上ないくらい順当な結果と言える。
その一方で、NFC 側ではトップシードのグリーンベイがシード順 4 位の(そして勝率では NFC のプレイオフ出場チーム中最低の) NY ジャイアンツに負けたかと思うと、その NY はサンフランシスコまで破ってスーパーボウルに進むことになった。
2月5日(現地時間)にインディアナポリスで開催されるスーパーボウルに進出するのは、NYジャイアンツとニューイングランドとなった。誰もが思うことだろうが、この組み合わせは 4年前、2007年シーズンの第42回スーパーボウルと同じ組み合わせだ。チームも同じ、ヘッドコーチも同じ、クォーターバックも同じだ。このときはわずか 3 点差で NYジャイアンツが勝った。ニューイングランドとしては是非雪辱を果たしたいところだろう。今年の NY には Kevin Boss はいないが、同じようなビッグプレイをやってのけるポテンシャルを持った Victor Cruz がいる。

さて、あいかわらず今年も HC のクビが飛んでいる。いったんはクビがつながったかに見えたインディアナポリスの Jimmy Caldwell も結局は解雇された。今年クビが飛んだ HC は 7 人、そのうち 6 チームで後任が決まっている。

Indianapolis Colts / Jim Caldwell -> Chuck Pagano
Jacksonville Jaguars / Jack Del Rio -> Mike Mularkey
Kansas City Chiefs / Todd Haley -> Romeo Crennel
Miami Dolphins / Tony Sparano -> Joe Philbin
Oakland Raiders / Hue Jackson -> Dennis Allen
St.Louis Rams / Steve Spagnulo -> Jeff Fisher
Tampa Bay Buccaneers / Raheem Morris -> 未定

オークランドの新 HC となった Dennis Allen は、わがデンバーの守備コーディネーターからの移籍。実はここのところ毎年わがデンバーの守備コーディネーターは替わっているのである。攻撃コーディネーターの Mike McCoy も HC 候補に名前が挙がっていたようだが、現時点で唯一 HC が決まっていないタンパベイでは候補になっていないようなので、よほどのことがないかぎり来年もデンバーで働いてくれることだろう。来シーズンのことを考えると、この守備コーディネーター選びがけっこう鍵になりそうな気がする。

|

« 今年もあと1月を切りました | トップページ | ついに空の番 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/53833522

この記事へのトラックバック一覧です: インディアナポリスの決闘:

« 今年もあと1月を切りました | トップページ | ついに空の番 »