« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月26日 (木)

「江戸の政権交代と武家屋敷」


大名や旗本が江戸に構える屋敷は、幕府から拝領するものだった。
建て前としては「タダで借りてる」ということになるのだが、逆に考えると貸す側の都合でいつ取り上げられても文句は言えないということだ。実際、急に屋敷の召し上げを命じられて慌てて仮住まいを探す羽目になった者もあるらしい。タダほど高いものはない。

大名屋敷は江戸の各所に散らばっていたが、江戸城に一番近い上屋敷は現在の皇居外苑、大手町から丸の内、霞ヶ関あたりにかたまっていた。東京駅と堀のあいだ、現在の丸の内は当時「大名小路」と呼ばれていたが、それよりもずっと便利だったのは当時「西丸下」と呼ばれた現在の皇居外苑である。ここには老中を初めとする幕府首脳の屋敷が並んでいた。登城に便利な一等地であるだけに、政権内部の変動によって失脚すると屋敷地を移されるのが常であった。このため、西丸下の屋敷は変動が激しく数年からせいぜい十数年くらいで主が替わっていった。対照的に、大名小路や霞ヶ関あたりは外様の雄藩が屋敷を構えており、幕府の政務から排除されていた外様大名の屋敷地は江戸時代を通じて大きく替わらない傾向にあった。

拝領した屋敷地の広さと江戸城からの距離は政権内部の本人の位置のバロメーターと言える。六代将軍家宣の信任篤い時期の新井白石は一橋門外という江戸城を目前に見上げる場所に屋敷を構えていたのだが、吉宗が将軍に就任するとこの屋敷は召し上げとなり、かわりに与えられた屋敷地は内藤新宿だった。いまでこそ新宿は都心の一等地だが、当時は西のはずれもはずれで、徒歩で江戸城まで通勤するのはかなり大変だったに違いない。
それでも江戸府内に屋敷があるのはまだマシで、天領だった甲府に送られるというのは懲罰的な意味もあったらしく江戸末期には甲府勤番士たちはかなり荒んだありさまだったという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月25日 (水)

「NOVA7」


本の感想が溜まりまくってしょうがない。
「これは書かねば」と思っているものだけでも片手では足りないだろう。もう忘れてしまっているものまで含めるといくつあることやら。まあぼちぼち書きます。

以前予告したハヤカワ版SF傑作選

にはまだ手をつけていない。

話を「NOVA 7」に戻すと、なんと言っても一番楽しく読めたのは「土星人襲来」であろう。ほぼ真ん中あたりにあるこの短編のインパクトがあまりに強くて、これより前に読んだ作品の印象が薄くなってしまったくらいだ。「土星人襲来」の著者は増田俊也。同名異人ではなく、あの増田俊也である。三十一はかの話題作「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」を読んでいないが、名前だけは知っている。

この他に SF として面白く読めたのは、谷甲州「灼熱のヴィーナス」、藤田雅矢「植物標本集」、壁委ユカコ「ヒツギとイオリ」、片瀬二郎「サムライ・ポテト」あたりだろう。「植物標本集」は「冬至草」と、「サムライ・ポテト」は「逃げゆく物語の話」とちょっと似ている。

ところで、この本にも北野勇作が作品を寄せている。非常に評価の高い作家であり、三十一もその名前は知っていたが、これまでほとんど読んだことが無かった。最近、SF 短編集で続けて北野作品を読んで思ったのは、「オレには合わない」。面白くないとは言わないが、正直ピンと来なかった。これまで悩んだこともあったんだが、今後北野作品の長編を買うことはまずないだろう。短編集にはこういう効能もあるんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月15日 (日)

北の打ち上げ花火

昨日の朝、会社にでかける直前にニュースが飛び込んできた"北の国"の打ち上げ。

米軍が発射を確認したが日本では確認できていないということなので、米軍のDSP(早期警戒衛星)では発射時の赤外線を探知したが、日本がカバーしているレーダーの覆域にまでは飛んできていないということが判断できる。続報を聞きたかったが、会社に遅れそうなので(実はすでに遅刻なのだが)後ろ髪を引かれる思いで家を出た。

結局、打ち上げは行われたものの失敗に終わったということで、"北の国"当局は珍しくも自ら失敗を認めた。これまでの3回の打ち上げのうち、失敗したのは今回が初めて(ということに彼の国の中ではなっている)なので、そろそろ「失敗した」と言ってもかえってリアリティが増すと判断したのかもしれない。

落下地点は韓国西方の黄海上ということで、もともと一段目が落下すると予定されていた海域とほぼ同じだったということなので、一段目にかぎっていえばほぼ所期の性能を発揮したと考えられる。考えられる原因としては、まず二段目の分離に失敗したというのが考えられる。そのまま二段目に点火した場合はもちろん機体の破壊に直結するし、しなかった場合でもそのまま落下すれば空力破壊による分解は免れない。分離には成功したが二段目の点火ができなかったというシナリオもあり得る。この場合ももちろんそのまま落下、分解となるだろう。さらには、誘導になんらかの問題が生じて破壊指令が送信されたというケースもあるだろう。要するに、人工衛星を打ち上げるためには何がうまくいかなくてもリカバリーが難しい、それだけぎりぎりの設計を強いられていると言えるだろう。

さて今回の騒動で三十一が気になったのは、「人工衛星の打ち上げと称するミサイルの実験」という言い方だ。「実質的にミサイル実験」という観測に異を唱えるものではないが、「人工衛星かミサイルか」の二者択一を当然の前提とするような話しぶりがどうにも三十一をいらだたせる。三十一に言わせれば「どっちも」目的であって「どっちか」という設問自体に意味がない。もちろんどちらかに重点はあるのだろうが、どちらにどれだけの比重があるかは当局者に聞いてみないとわからない。そもそも、当局者であっても人によって比重が違う可能性もあるしな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 8日 (日)

事実は予想よりも奇なり

最近の自衛隊人事は予測をはずしてくれることが多い。これまでだったら鉄板だと思われたようなシナリオが通用しなくなってきている。今回の海幕長人事もそのひとつの典型で、120% に近い自信をもっていた予測を見事にひっくり返されて実のところ少々自信喪失気味なのである。
まあでもこれまでだってはっきりした根拠があって言っているわけじゃなかったので今後も同じようなスタンスで言っていくしかないのかな。

3月30日付で平成23年度末の自衛官人事異動が発令されたことは既報だが、それとは別に防衛大学校と防衛医大の校長(学長とは言わない)が交代した。防大校長は五百旗部真から国分良成に、防衛医大校長は早川正道から三浦総一郎に替わった。五百旗部校長は5年8ヶ月、早川校長はちょうど5年の在任となった。

ここで昨年度末(=今年度初)の将を期別に並べておく。陸29名、海17名、空16名、合計62名。

1974
海将 杉本正彦       防衛大18期  海上幕僚長

1975
空将 岩崎茂         防衛大19期  統合幕僚長

1976
陸将 君塚栄治       防衛大20期  陸上幕僚長
空将 片岡晴彦       防衛大20期  航空幕僚長

1977
陸将 林一也         防衛大21期  統合幕僚学校長
陸将 荒川龍一郎     防衛大21期  中部方面総監
陸将 千葉徳次郎     防衛大21期  北部方面総監
陸将 渡辺隆         防衛大21期  東北方面総監
陸将 山本洋         防衛大21期  中央即応集団司令官
陸将 平野治征       防衛大21期  第2師団長
海将 河村克則       防衛大21期  横須賀地方総監
海将 河野克俊       防衛大21期  自衛艦隊司令官
海将 佐々木孝宣     防衛大21期  舞鶴地方総監
海将 曽我真二       防衛大21期  技術研究本部技術開発官(船舶担当)
空将 小野田治       防衛大21期  航空教育集団司令官
空将 弥田清         防衛大21期  航空支援集団司令官
空将 秦啓次郎       防衛大21期  航空総隊副司令官

1978
陸将 宮下寿広       防衛大22期  西部方面総監
陸将 河村仁         防衛大22期  陸上自衛隊幹部学校長
陸将 渡部悦和       東京大      東部方面総監
陸将 中川義章       東京大      陸上自衛隊研究本部長
陸将 久納雄二       防衛大22期  陸上幕僚副長
陸将 宮崎泰樹       防衛大22期  第10師団長
陸将 井上武         防衛大22期  陸上自衛隊富士学校長
陸将 小渕信夫       防衛大22期  技術研究本部技術開発官(陸上担当)
海将 泉三省         防衛大22期  呉地方総監
海将 畑中裕生       防衛大22期  航空集団司令官
海将 小野原正信     防衛大22期  海上自衛隊補給本部長
海将 松下泰士       防衛大22期  護衛艦隊司令官
海将 矢野一樹       防衛大22期  潜水艦隊司令官
海将 山口透         防衛大22期  大湊地方総監
空将 斉藤治和       防衛大22期  航空総隊司令官
空将 平田英俊       東京大      航空自衛隊幹部学校長
空将 吉岡秀之       防衛大22期  航空自衛隊補給本部長
空将 石野次男       防衛大22期  中部航空方面隊司令官
空将 重久修         防衛大22期  北部航空方面隊司令官

1979
陸将 岩田清文       防衛大23期  統合幕僚副長
陸将 木野村謙一     防衛大23期  情報本部長
陸将 田中敏明       防衛大23期  防衛大学校幹事
陸将 堀口英利       防衛大23期  陸上自衛隊補給統制本部長
陸将 海沼敏明       防衛大23期  陸上自衛隊関東補給処長
陸将 日高政広       防衛大23期  第6師団長
陸将 反怖謙一       防衛大23期  第1師団長
海将 武居智久       防衛大23期  海上幕僚副長
海将 吉田正紀       防衛大23期  佐世保地方総監
海将 鮒田英一       東京大      教育航空集団司令官
海将 福本出         防衛大23期  海上自衛隊幹部学校長
空将 広中雅之       防衛大23期  西部航空方面隊司令官
空将 中島邦祐       防衛大23期  航空幕僚副長

1980
陸将 磯部晃一       防衛大24期  第7師団長
陸将 田辺揮司良     防衛大24期  第9師団長
陸将 蕃匠幸一郎     防衛大24期  第3師団長
陸将 武内誠一       防衛大24期  第4師団長
陸将 松尾幸弘       防衛大24期  第8師団長
海将 井上力         防衛大24期  統合幕僚監部運用部長
空将 半沢隆彦       防衛大24期  南西航空混成団司令
空将 杉山良行       防衛大24期  航空開発実験集団司令官
空将 古賀久夫       防衛大24期  技術研究本部技術開発官(航空機担当)
陸将 加瀬勝一       防衛医大1期 自衛隊札幌病院長
空将 緒方克彦       防衛医大1期 防衛医科大学校幹事

1981
陸将 後藤達彦       防衛医大2期 自衛隊中央病院副院長

1982
海将 瓜生田曜造     防衛医大3期 自衛隊中央病院副院長

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 7日 (土)

2012年3月の打ち上げ

普段参照しているサイトのひとつが、この2月くらいから更新がなくなって困っている。まとまってて重宝してたんだけどなあ。ただこのサイトに問題があるとすると、三十一の知らない言語で書かれているので固有名詞と数字以外はまったく意味がわからないということである。ドメイン名から推測するにチェコ語らしい。

3月は少なくて4件、しかも後半に集中している。

3/23 4:34GMT クールー(仏領ギニア)、アリアン5(ATV-3)
3/25 12.10GMT バイコヌール(ロシア/カザフスタン)、プロトンM(Intelsat 22)
3/30 5:49GMT バイコヌール(ロシア/カザフスタン)、プロトンK(Cosmos 2479 Oko)
3/31 10:27GMT 西昌(中国)、長征3B(Apstar 7)

Orbital Launch Chronology

実はプロトンK はこれが最後の打ち上げだそうで、ミリタリーの衛星打ち上げも今後は完全に M 型に移行するということらしい。というか、まだ K 型使ってたのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »