« 2012年5月の打ち上げ | トップページ | 「英国軍艦勇者列伝」 »

2012年6月 6日 (水)

今年になって3人目

野田総理は4日、内閣改造を行なった。目的のひとつは問責決議を受けた田中直紀防衛大臣の事実上の更迭にあったという。そもそも田中大臣が就任することになった今年初めの改造でも、当時の一川防衛大臣の交代が目的と言われていたんじゃなかったかな。

半年の間に二度の改造を余儀なくさせた防衛大臣のポストは鬼門だと思われたのかもしれないが、後任となったのは非議員の森本敏であった。保安隊の昔までさかのぼっても、防衛関係閣僚に非議員が起用されたのは初めてだ。森本氏は元自衛官の安全保障専門家で、これまでのような「素人」大臣とは違ってその力量には不安は少ないが、選挙による信任を経ていない非議員が非常時に重大な政治決断をせまられる職に就くことは筋が通らない、とする論調も多く見られる。

三十一がこの人事を最初に耳にしたとき、「選挙公約に責任がない非議員をもってきて、普天間の政策転換の泥をかぶらせようとしたのかな」と思ったのだが、いずれにせよ党内の国会議員に防衛大臣の重職(と思っているかどうか怪しいものだが)を任せられる人材がなかったということは問題だ。今から考えると北澤さんはだいぶマシなほうだったのかもしれない。
そもそも政党は政治的意見の近い人々の集まりだから、「防衛軽視」という共通の政治的意見を持った人々の集まりが民主党なのかもしれない。野党ならそれでもいいけど、政権を担当するからにはせめてもう少し勉強してもらいたいものだ。それで困るのは国民なんだからね。

|

« 2012年5月の打ち上げ | トップページ | 「英国軍艦勇者列伝」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/54886091

この記事へのトラックバック一覧です: 今年になって3人目:

« 2012年5月の打ち上げ | トップページ | 「英国軍艦勇者列伝」 »