« 途中下車 | トップページ | 四国ング »

2012年6月17日 (日)

ミナミの提督

名古屋から7時ちょうど発の特急で大阪に向かう。

起きられた、というよりよく寝られなかったという方が正しいな。
近鉄の名阪特急は大阪難波まで2時間ちょっとで4千円くらい。新幹線と比べると確かに時間はかかっているけれど、安い(と思う)だろうし、大阪の北のはずれ新大阪ではなくミナミの真ん中難波に直結するという意味では利用価値はあると思えた。正直なところ、三十一は関西人二世ではあるのだが親戚は神戸だとか西宮だとか高槻あたりに多く棲息しているので、キタはともかくミナミにはあまり馴染みがない。というより、実はあまり大阪にも行かないんだよなあ。西宮、神戸あたりなら多少は馴染みがあるんだけど。このあたりの感覚は東京の人にはわかりにくいかもしれない。

近鉄名古屋駅は地下にある。一番端が特急専用ホームになっていて、ここから大阪行き特急、あるいは賢島行き特急などが出ている。新幹線と比べるとフリクエンシーと言う点では不利は否めない。しかしそこそこ空席はあったように思う。直前でも窓ぎわの席の予約が難なくとれて、軽い朝食を携えて乗り込む。発車するまでにほぼ食べ終えてしまい、東海道線の下をくぐって地上に出るころには食後のお茶まで完了していた。
はじめのうち近鉄名古屋線は関西本線とつかず離れずという感じで走っている。やがて長良川揖斐川木曽川を渡り三重県に入る。桑名、四日市と通過していくが名阪特急は止まらない。実は途中停車駅は実質的に津だけで、津の次はもう大阪都心部の鶴橋まで止まらないのだ。名古屋と大阪という二都市を直結することに完全に特化していると言っていいだろう。
四日市を過ぎたあたりで近鉄はJRの関西本線と袂を分かってさらに南下する。最初の、そして実質的に唯一の途中停車駅である津はJRの駅と併設だが、JRのほうは紀勢本線の駅で非電化である。実はこのあとくらいからかなり記憶があやしい。久居を通過したのは覚えているのだが、ポイントを乗り越えて分岐していく衝撃を感じたのが、名古屋線と大阪線の分岐駅である伊勢中川だったのかどうかさだかではない。おぼろげに山の中を走っていた記憶はあるのだが、はっと気づいて時計を見るともう9時に近く、すでに奈良を過ぎて生駒山を越えて大阪府に入ってきているようだ。道路標識に「藤井寺」などという地名がみうけられるので八尾あたりらしい。
大阪環状線と交差する鶴橋で久しぶりの(でも三十一の主観ではそれほど久しぶりではない)停車。鶴橋を出ると地下に入ってかつての近鉄のターミナル上本町にとまり、さらに電気な人には有名な日本橋を通過して終着の近鉄なんばに到着。

この近辺には南海難波、JR難波、近鉄なんばに地下鉄(御堂筋線・四つ橋線・千日前線)の難波駅があるが、それぞれ少しずつ離れていて余所者には優しくない。今夜のホテルは、明日の移動の便を考えて新大阪駅前に確保してあるので、とにかく御堂筋線から離れずに移動することにする。

夜の9時過ぎにホテルにチェックイン。今夜は酒の力を借りて寝ることにしよう。

昨日は名古屋、今日は難波。48じゃないよ。その気になって調べればわかると思うけど。

今日の旅程:
名古屋(0700)→近鉄難波(0914) 57レ (21020系)

|

« 途中下車 | トップページ | 四国ング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/54990881

この記事へのトラックバック一覧です: ミナミの提督:

« 途中下車 | トップページ | 四国ング »