« 一度あることは二度ある | トップページ | 2013年2月の打ち上げ »

2013年2月22日 (金)

Wikipedia を信じない。

久しぶりに Wikipedia に誤りを見つけた。

大山崎町 (Wikipedia)

河の南という意味で「河陽(かや、かよう)」の別名がある。

地図を見てみればわかるけど、大山崎町はどう見ても河(桂川、宇治川、木津川)の北にある。ではどうして「河陽」なのか。「陽」を単純に南と考えるのは間違いで、本来の意味は「ひなた」、「日の当たる場所」ということだ。凸地である山では、日当たりがいいのは南向きの斜面、つまり南側だ。だから「山陽」は山の南である。しかし、凹地形の河では、日当たりのいい南向き斜面は河の北側になる。だから「河陽」は「河の北」を意味する。漢和辞典で「河」「陽」をそれぞれひいてみるがいい。

約2500年前に孔子がまとめたと伝えられる「春秋」の僖公二十八年条に

天王狩于河陽(天王、河陽に狩す)

とある。この文はいわゆる「春秋の筆法」の代表例としてよく知られているが、ここではそれは問題ではない。日本では「河陽」に「かわのきた」と訓じている。もちろん、昔の人はこういう典拠を知った上でこの地を「河陽」と呼んだのだろう。そんな由来も知らず、実際に地図を確かめることもせず、よく知られた「山陽」などの字面からの曖昧な類推を自信満々に書き連ねて公開すると恥をかくことになるので注意するがよかろう。

この文章を書くために「春秋」を探したのだが、いつものごとくアクセス不能だったため、ネットに頼らざるを得なかった。

|

« 一度あることは二度ある | トップページ | 2013年2月の打ち上げ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/56819846

この記事へのトラックバック一覧です: Wikipedia を信じない。:

« 一度あることは二度ある | トップページ | 2013年2月の打ち上げ »