« 2013年3月の打ち上げ | トップページ | 「若き将軍の朝鮮戦争」 »

2013年4月10日 (水)

2 -> 2 -> 3 -> 1 これなーに。

われらが桜興産の専務が交代した。

防衛次官に西正典氏 (時事ドットコム)

桜興産の社長と副社長は親会社からの天下りで、社内生え抜きのトップは専務になる。
生え抜きと言っても、防衛事務次官は代々大蔵省または警察庁出身者が多くつとめてきた。しかし最近は防衛庁採用者が次官になる例が増えてきた。防衛省への昇格から数えて今回の西次官は5代目になるが、うち4人が防衛庁出身で、大蔵省出身は中江次官(2009-2012)だけである。もちろん西次官も防衛庁出身(1978年入庁)だ。
初めて防衛庁出身の事務次官が出たのは昭和も終わろうとする1988年の西広整輝次官だが、以後14代の次官のうち防衛庁出身は8人、大蔵省出身が5人、そして警察庁出身が1人。警察出身の次官は依田智治次官(1990-1991)が最後で、内務省・警察庁系を防衛庁プロパーで置き換えるような形となっている。

次官交代は4月1日付。後任の防衛政策局長は運用企画局長、人事教育局長、経理装備局長を歴任してきた徳地秀士。次の次官の最有力候補か。

さて年度末は部隊改編の季節でもある。
陸自では、西部方面隊隷下の第3教育団が西部方面混成団に改編された。これで5個方面隊にひとつずつ方面混成団が編制され、「教育団」がなくなった。また中央即応集団の司令部が朝霞から座間に移り、これまで「朝霞駐屯地の分屯地」だった座間が駐屯地に昇格、中央即応集団司令部幕僚長が駐屯地司令を兼ねることになり、座間駐屯地業務隊が新編された。一昨年度末に空自航空総隊司令部が米空軍の拠点である横田基地に移転したのに続き、昨年度末には米第1軍団前方司令部の位置する座間へのこの移転で、なんらかの意図を読み取ろうとする報道が多かったが、いずれ座間に移転することは以前から言われていたことである。

空自では、航空支援集団隷下だった航空救難団が航空総隊隷下に編入された。もともと航空救難団では戦時救難を任務としていたはずだが、直接戦闘に従事しないとみなされる航空支援集団から、正面戦闘を任務とする航空総隊に配属替えされたということはつまり、より実戦的な救難つまり戦闘下での救難を重視しようという現れだろう。

海自では、艦艇の就役と除籍にともなう配置換えがあったが、部隊レベルでの大きな改編はなかった。その中で大きなトピックと言えば、開発が完了した P-1 対潜哨戒機の部隊配備が始まったことだろう。3月29日に第一陣が厚木基地に配備されたが、まず機体をうけとるのは実戦部隊である第4航空群ではなく、実用試験を担当する航空集団直轄の第51航空隊であり、実際の戦力化は2年後をめどとしている。

P-1 はこれまでの P-3C を置き換えるものだが、P-3 の後継機が P-4 ではなく P-1 になったのは、P-1 が初めての国産対潜哨戒機だからである。だいたい自衛隊で使っている航空機には命名基準があってないようなもので、海外からの輸入機は現地の呼称をそのまま使っている。だから P-3C は米軍の呼称なのだ。米海軍では P-3C の後継は P-8 となる。
TBM のハンターキラーチームや、S-2 トラッカーと言った神代の昔はおいておいて、海上自衛隊の大型固定翼対潜哨戒機は P2V -> P-2J -> P-3C -> P-1 と受け継がれていくことになるが、この系譜が自衛隊における航空機呼称の無秩序さを如実に示している。
もともと米軍でも海軍と陸軍・空軍系で航空機の命名方式に違いがあった。現在では統一されて、かつての陸軍・空軍式に近い形式になっている。ここで言えば P2V が海軍式、P-3C は統一後の陸軍・空軍式、P-1 は日本式で、P-2J は米軍式と日本式の折衷となっている。門外漢にはさっぱりわけがわからないだろう。さらにひどいのはボーイング767をベースに改造した早期警戒機と空中給油機だ。商品名と米軍式命名基準の折衷でそれぞれ E-767 あるいは KC-767 と呼ばれている。
米軍では輸入装備でも米軍基準にしたがって番号をつけている (T-45など)。まあそれもアメリカだからできることだが。日本にはアメリカの命名した呼称を無視して独自の名称をつけるほどの度胸はないのだろう。

ついでにいうと、海自の艦番号の付け方もルールらしきものはあるのだが実際には行き当たりばったりだ。たとえば潜水艦は 500 番台をつけることになっているのだが、501 に始まってクラスが変わるごとに飛んでいき、511 -> 521, 522, 523, 524 と来てなぜか一気に 561 にまで飛び、以後はクラスに関わりなく続けて 600 まで進んだところで 501 に戻り現在は 505 まで来ている。大型護衛艦も 100 番台をつけているが、複数のタイプを並行して建造している場合に 10 の桁で区別するようなことをしているうちにつけられる番号がなくなって、また最初に戻る羽目になった。いまさら変えようもないことだが、どうにかならなかったもんかなあ。

|

« 2013年3月の打ち上げ | トップページ | 「若き将軍の朝鮮戦争」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/57147120

この記事へのトラックバック一覧です: 2 -> 2 -> 3 -> 1 これなーに。:

« 2013年3月の打ち上げ | トップページ | 「若き将軍の朝鮮戦争」 »