« 「若き将軍の朝鮮戦争」 | トップページ | 「護衛空母入門」 »

2013年4月22日 (月)

限りある資源を大切にしよう

なんと5年ぶりくらいに次のページを更新した。

資料-米統合参謀本部幹部表

この間に統合参謀本部 (US Joint Chiefs of Staff, JCS) の構成員は全員入れ替わっていて、当時 (2008年) には海軍だった統合参謀本部議長は陸軍の順番になっている。
それはある程度予想されたことではあるのだが、驚いたのは統合参謀本部の正式メンバーがさらにもう1名増えていたこと。2012年から Chief of National Guard Bureau (CNGB) - 「州兵総監」とでも訳するべきか - が正式メンバーに含まれることになった。現在は陸軍大将 Frank J. Grass がその地位にある。

三十一が物心ついたころ、統合参謀本部の正式メンバーは次の4名だった。
・統合参謀本部議長 (Chairman of the Joint Chiefs of Staff)
・陸軍参謀総長 (Chief of Staff of the United States Army)
・海軍作戦部長 (Chief of Naval Operations)
・空軍参謀総長 (Chief of Staff of the United States Air Force)

それが 1987年2月に統合参謀本部副議長 (Vice Chairman of the Joint Chiefs of Staff) が新設され、さらに同年7月に海兵隊総司令官 (Commandant of the Marine Corps) がメンバーに加えられて6名になった。ちなみに海兵隊から初めて統合参謀本部議長が出たのは 2005年のことだ。そして 2012年に州兵総監が追加されて7名となる。

知っている人は知っていることだが、アメリカの各州は陸軍と空軍を持っている(海軍と海兵隊は連邦軍のみ)。有事には連邦軍の指揮下に入って出動することもある。実際、交代でイラクやアフガニスタンに出動しているのだ。2001年のテロ以来、10年以上にわたってアメリカは有事体勢が続いており、いつまで続くかわからない状況にあって、貴重な軍事資産である州兵部隊をより効率的に活用したいという思惑の現れが、この州兵総監を統合参謀本部に参列させるという施策だろう。

ところで昔、何かの本で「国家防衛隊」という表現を見てこれは一体なんのことだろうと悩んだことがあるのだが、どうやら National Guard (州兵)のことらしいとわかり途端にその本の内容全体がうさんくさくなってしまった。

|

« 「若き将軍の朝鮮戦争」 | トップページ | 「護衛空母入門」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/57228946

この記事へのトラックバック一覧です: 限りある資源を大切にしよう:

« 「若き将軍の朝鮮戦争」 | トップページ | 「護衛空母入門」 »