« 限りある資源を大切にしよう | トップページ | 2013年4月の打ち上げ »

2013年4月26日 (金)

「護衛空母入門」


この著者は「○○入門」というタイトルの本を何冊もまるでシリーズのように出している。三十一はテーマによって読んだり読まなかったり、まあ読まないほうが多いんだけど。実際に読み始めるとほぼ一日で読み終えてしまった。ちなみに三十一が読書に費やす「一日」というのは通勤電車の一往復のことで、合計して二時間ちょっとくらい。

読み始めてしばらくしたころ、「これはひょっとして雑誌か何かの連載ものを再構成したのかな」と思って巻末の初出を見てみたのだが、書き下ろしだそうだ。読んでいて同じような話が何度も繰り返し出てくるので、回が変わるごとに説明しなおしているのかと思ったのだが、そういうわけでもないらしい。こうなるとこれは構成力の問題になるよなあ。

Amazon の書評でも同じようなことが書かれているのだが、説明がくどいことがあるかと思えばその一方で見方が一面的なこともあり、意外に読みづらい。それでいてわずか一日で読み終えてしまったのは、三十一にとってあまり新しい内容がなかったので読み飛ばしてしまったせいだ。

けっこう厳しいことを書いているが、類書が少ないという意味では貴重だろう。ただそれでも、過去の「世界の艦船」とか今はなき「シーパワー」とかを丹念に読んでいれば自然と頭に入っている内容だ。CAMシップとか MACシップの話も昔なにかの雑誌で読んだ記憶がある。

ひとつ、これは明らかにおかしいと思ったのは、アメリカ海軍がボフォース40ミリ機関砲の弾頭に近接信管を使用していた、という記述。これはいわゆる VT信管のことだと思うが、40ミリ機関砲に VT信管を使ったとは聞いたことがないし、発射速度の大きい機関砲の弾丸にいちいち近接信管を使うとは考えられない。改めて確認してみたところ、近接信管を使っていたのは3インチ砲や5インチといった「高角砲」の砲弾で、40ミリ機関砲で使用できるサイズの近接信管が開発されていたという記録は見あたらない。

|

« 限りある資源を大切にしよう | トップページ | 2013年4月の打ち上げ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/57247808

この記事へのトラックバック一覧です: 「護衛空母入門」:

« 限りある資源を大切にしよう | トップページ | 2013年4月の打ち上げ »