« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月30日 (火)

ブランドと偶像

父親がパソコンを買い換えると言い出した。三十一もいちおうコンピューター業界の片隅に寄生している身の上であるから、どこまで本気かわからないが「どんなのがいいかなあ」と相談を受けた。
かつて自社製品を紹介したこともあったが、そのあとしょうもない質問を山のように受ける羽目になったので特定の機種を薦めるのはもうこりごりだ。あたりさわりのないこと(例えば、操作に自信がないならサポートのしっかりしてるメーカーが安心、といった具合だ)を返してお茶を濁す。三十一自身はサポートをあてにしたことは無いけど。
とまあ、そんな話を母親とまったりとしていたら、母がぽろりとこぼした感想が

「S○NYのVAIOは実はそんなに格好良くないよね」

であった。
古希を過ぎた母の意外に「わかった」せりふにちょっとびっくりしたものだ。

何年か前、やっぱりパソコンを買いたいという親戚から「やっぱりVAIOがいいのかなあ」と言われたことがある。実際のところ、中身は大差ないので好みで決めればいいと答えたような気がする。結局何を買ったのかは聞いていない。かつてS○NYのパソコンが際物扱いされていた時代をすごしてきた三十一にとっては、こんなにパソコンメーカーとして認知される時代が来るとは思ってもいなかった。そのイメージも近頃は少し衰えがあるようだ。古希を過ぎた主婦に見切られるようではね。

例えば三十一がパソコンを買う場合は完全に機能重視である。要る機能と要らない機能、不可欠な機能となくても困らない機能。どうしても必要な機能や仕様を備えた機種の中で、あとは価格と付加価値(場合によっては納期なんかも重要な要素になる)を天秤にかけて機種を確定する。この他にはMP3プレーヤーなんかも同じような経緯をたどることが多い。
ではそれに対してブランドで購入行動を決定するのはどういうときかというのを考えてみると、どういう観点で評価していいのかよくわからないとき、あるいはそもそもきっちり評価している時間もないとき、などがそれにあたる。つまり客観的な評価ができない場合にブランドイメージに頼るのだ。手抜きだね。
売る側からしてみれば、ブランド戦略とは買い手を楽な方向に追い込んで囲い込むある種の罠だ。「何も考えずにウチのブランドを買っておけば間違いないですよ」「細かいことはどうでもいいから、とりあえずあのブランドを買っておけば間違いないよね」。こうして楽をしたがる買い手と説明の手間が惜しい売り手の思惑が一致したところにブランドビジネスが成立する。

と、ここまでは実は長い前ふり。

そのブランドビジネスの最たるものが、今をときめく AKB48 グループだ、というのが本題である。
アイドル戦国時代と言われているが、一般的な知名度で言えば一大ブランドである AKB48に対して新興のももいろクローバーZ(ももクロ)、老舗のモーニング娘。くらいがせいぜいであろう。AKB48の総選挙は週末のゴールデンタイムに生中継される年中行事になった。
ならば AKB のメンバーはどんなに粒ぞろいの面子が顔を並べているかというと、三十一が見ている限りにおいてはそれほどとは思えない。ずいぶん前に「歌もダンスもトークもできないし、容姿も人並みの前田敦子がなんでセンターなのかわからない」という趣旨の書き込みをネットで見たことがあるが、そういう疑問がわくのはある程度もっともであろう。比較対象を AKB 以外に広げてみると、その疑問はさらに大きくなる。
ちかごろのアイドルは、まあピンからキリまであるにしても、歌やダンスの能力を売りにしているグループは少なくないし、モデルなみの容姿を備えたメンバーをそろえているグループも多い。純粋に「機能」で比較した場合にそれほどの大差があるようには見えないにもかかわらず、AKB があれだけ売れているのに対して他のグループがさっぱり知られていないのはなんでだろうという疑問が出発点であり、そして(三十一が考える)解答がブランドである。

バラエティでも芸能ニュースでもいいんだが、「AKB48 の○○さん、××さん、△△さんが・・・」というコメントを聞いて「誰?」と思うことが非常に多い。「AKB48の」という枕詞がなければまったく認識ができない。三十一について言えば名前を聞いたことがあるのは上のほうのせいぜい10人くらいで、あとの百何十人に対しては「AKB48の」という前半部分にのみ意味があって、後半部分の情報量はゼロである。それでも AKB48 に所属しているというだけで買い手がつくのはブランドビジネス以外の何物でもなかろう。
「AKB48 にはいろんなタイプのメンバーがいて、誰でもひとりは推しメンがみつかる」という分析を見たことがあるけれど、三十一から見れば初期メンバーはともかく最近のメンバーはみんなタイプが似ていて、それが区別がつかない理由にもなっている。ブランドイメージが出来てしまうと、そこから逸脱するのが難しくなってくるんではなかろうか。イメージが確立する前なら、いろんなタイプを試せたのかもしれないが。ついでにいうと、歌も似てるよね。あれだけのメガヒットを生んでおきながら、いまだにイメージソングは「あいたかった」になってしまう。

AKB の話はこれくらいにしておこう。
この夏のイベントの中には、100組を超えるアイドルが出演して、3万人を超える観客を動員したフェスもあったという。ちなみにこの100組の中には AKB48 も、ももクロも、モーニング娘。も含まれていない(HKT48 は出ている)。観客の中には、特定のファンというわけではなく「いろいろ見てみよう」という野次馬的な観客も少なくないだろうが、単純計算でそれぞれのグループに対してイベントに足を運ぶレベルのファンが100人単位で存在していることになる。
実のところ、コアなファンをある程度の数集めることはそれほど難しくない。イベントでの熱気はむしろこうしたグループのほうが"熱い"かもしれない。こういう少数のコアなファンをあてにして(CD、イベント、グッズ、ファンクラブ会費など)堅実な商売を続けるのもひとつの方法論だろう。だがそれでは本当の「マス」には届かない。AKB レベルの国民的知名度を目指すなら、コアなファンを集めるためには必須だった「希少性」をある程度捨てる必要がある。これはギャンブルだ。下手をすれば、これまで支えてきてくれたコアなファンを失ったあげくに知名度も得られずビジネスが成り立たなくなる羽目に陥りかねない。最近ときどき見かける「一緒に育てるアイドル」というコンセプトは、ファンを共闘関係に巻き込んでこうしたリスクを軽減しようというひとつのモデルだろう。だが今のところあまり成功した事例はないようだ。

実はこのジレンマは三十一自身のジレンマと重なる。
三十一の立ち位置は疑問の余地がないマイノリティであって、マジョリティの側に立った経験はほとんどない。自覚としては、意識してマイノリティを選択したわけではないのだが、三十一が純粋に自らの趣味嗜好、信条にしたがって選んだ選択肢はほぼ間違いなくマイノリティなのである。もうこれはそういうものだと諦めるしかないし、諦めた。「趣味はアメリカンフットボールの試合をテレビで見ることです」というとたいていの人は「へえ」と言ったっきり二の句が接げないんである。アメリカ人の間なら立派なブランドになるんだろうけどね。
だから AKB48 に入ろうとしない(あるいは入れなかった)アイドルがメジャーを目指しているのを見ると涙がちょちょぎれそうになる。

三十一がひそかに注目しているアイドルが何組かあるが、あえて名前は挙げない。ここで名前を挙げてしまうとあたかもマイノリティを宿命づけられたようであまりに不憫だからです。万一奇跡が起こって晴れてマジョリティになれる日が来たらそのときにカミングアウトすることにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月20日 (土)

「尖閣喪失」


この本はわりと最近単行本で出ていたような気がするけど、早くも文庫化。実際に尖閣がもめているうちに稼ごうという魂胆だな。

著者の大石英司は、いわゆる架空戦記作家の中ではちょっと異色という認識を三十一はもっている。異色ということは「普通とは違う」ということで、良い方向にも悪い方向にもあり得るのだが、ここでは良い方向で普通とは違うという意味だ。
檜山良昭が「本土決戦」シリーズで架空戦記ブームを巻き起こしたのは三十一が中学生の頃。それから数限りない架空戦記が世に出されてきたが、志茂田景樹は論外としてもおおかたの傾向としては「史実では負けてしまった日本軍も、ここさえ直せばほら大勝利」というわかりやすいストーリーになりがちだ。ある意味それは読者である日本人の願望に寄り添った結果ではあるのだが、こんな本ばかり読んでいると頭が悪くなりそうだ。
しかし大石英司の場合は日本が負けるケースが少なくない。しかも結構見もふたもない負け方をする。これが現実だというのを突きつける。それがだめな人にはとことんだめだろうけど、面白いと思える人間には面白い。そして三十一は日本が負けるのを「面白い」と思える人間なのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月18日 (木)

「キケン」


今をときめく有川浩が描く理系男子の大学生活。

いちおう三十一も理系男子で大学を出たんだが、こんなに楽しくなかったぞ。これは世代の差なのか、それとも性格の違いなのか。実際に理系の大学で暮らした身にしてみると、この本で描写されている大学生活は、きつい言い方をしてしまえば「理系の大学生活を経験したことがない人間が考えるステレオタイプな『理系男子の大学生活』」のように見える。だからこそ「外の人」にはリアルに感じられるのだろう。しかし「中の人」(三十一がそう言えるかどうかは微妙だが)にとってはそこはかとない違和感を感じる。説明は難しいけど。機械系はちょっと違うのかなあ。三十一は電気系だったのでね。

まあそれでも、マッドサイエンティスト予備軍の巣窟のようなアングラ感と、物理法則という無条件で従うしかない主人に忠誠を誓った敬虔さが共存した、奇妙な感覚を思い出してちょっと懐かしくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月10日 (水)

ちょーへいせい

参議院選挙公示のニュースの中で各党首にインタビューしていたんだけど、
某左派絶滅目前党の党首が憲法改正論議に絡んで「徴兵制につながりかねない憲法改正反対」とのたまっていた。

いまさら某党の世迷い言をまともに聞く気にもなれないが、まともな自衛官が徴兵制を望んでいるとはとても思えない。純軍事的には、徴兵制を実施するメリットはほとんどないと考えていいだろう。かつてのような「小銃の扱いさえ叩き込めば兵隊として事足りる」時代はとっくに過去のものになった。

最小戦術単位は、時代が下るごとに小さくなる傾向にある。現代のもっとも先進的な軍隊においては、最小戦術単位がこれ以上分割できない限界に達した。つまり、ひとりひとりの兵士が完結した戦術単位になっているのだ。アメリカ陸軍は、この流れを「フットボール型からサッカー型へ」と表現した。アメリカではわかりやすいたとえだろうが、日本ではちょっとわかりづらい。「野球型からサッカー型」と言い換えたほうがわかりやすいかもしれない。これまでのようにチームの中での各自の役割をきっちりこなすというよりは、全体の流れの中で自分の立場をその都度判断してほかの指示を待つことなく自律的に行動することが求められる。こういう軍隊では、兵士ひとりひとりがかつての小隊長や中隊長と同等の戦術眼と決断力を備える必要がある。徴兵制により強制的に軍隊に放り込まれた受け身な兵士にはこういう芸当は不可能だろう。

西側諸国で徴兵制をとっている国は多くない。有名なのは韓国とイスラエルだろうが、この両国は選抜徴兵制ではなく、適齢の男子(男女)全員に軍隊生活を義務づけた国民皆兵制を採用している。かつての日本でもっとも軍国主義がはびこった時代においても完全国民皆兵制度を採用していたことはない。
韓国とイスラエルは、戦時状態が長年続いている中で、国防中心の国家建設をするために国民全員に軍隊生活を経験させるという政治的な要求があったのだろう。

徴兵制の可否に関する議論は完全に政治的なもので、純軍事的には結論は決まっていて議論する意味はない。それをあえて議題にのせようとするのは、単に無知なのかそれとも何らかの思惑があるのか。まあほとんどは無知なだけだろうけど。某党首も含めてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 3日 (水)

2013年夏に穴があくか

ずいぶん前に書いた「空飛ぶ広報室」の感想がアクセス数1位になっていてちょっとびっくり。ドラマ効果だろうか。このブログでは、ベースの読者数がそれほど多くないらしくちょっとしたキーワードでランキングが大きく変動するのが常だけど。

そんなブログの中でも鉄板で上位を占めるのが自衛隊ネタ。7月1日付で内局に局長級を含む異動が発令されている。

人事発令 7月1日 防衛省発令(内閣承認人事) (防衛省/PDF)
自衛隊主要幹部表

目についたのは元防政局長で現防研所長の高見沢将林と、元運企局長で現装施本部長の松本隆太郎がそろって退職したこと。守屋騒動の余波でしばらく人事がごたごたしていたけど、これで一段落したということになるのかな。

さて7月は制服組も人事の季節である。今年の春の人事は、少なくとも将官レベルでは比較的小幅だったので、この夏の人事は異動が多くなりそうだ。

その中でも注目は陸幕長人事。
東日本大震災で災統合任務部隊の指揮官をつとめ、その実績を買われてか東北方から初めて陸幕長に就任した君塚現陸幕長もほぼ2年となり、交代は近い。陸幕長を降りると退職するか統幕長に上がるかの二択しかないわけだが、現時点で統幕長の目は考えられないので、このまま退職となるだろう。

防大20期の君塚陸幕長が勇退すると、すでに21期生は残っていないので必然的に後継候補は22期相当(1978年幹部候補生)となる。現在該当する陸将は4名を数えるが、陸自研究本部長の中川義章陸将(東大)は候補にならないので、現実的には以下の3名から選ばれることになるだろう。

宮下壽広・西部方面総監(1978年防大22期)
河村仁・中部方面総監(1978年防大22期)
渡部悦和・東部方面総監(1978年東京大)

三十一が密かに注目しているのは、東大出身の渡部東方総監。防大出身ではなく、一般大出身者がこの位置までたどりつくのはけっこう珍しい。しかし現在の陸将の顔ぶれを改めて見てみると、9人の師団長の中に一般大出身者が3人も入っている。

山下裕貴・第3師団長(1979年大分工業大)
田口義則・第9師団長(1981年東京学芸大)
松村五郎・第10師団長(1981年東京大)

最近の人事を見ていると、以前に比べて一般大出身者が目立つようになってきた。これまでのような防衛大出身者偏重と見られかねない人事を、もう少し一般大出身者とのバランスを考えたものにしようとしているのかもしれない。個人的にはいいことだと思っている。

話を陸幕長に戻すと、そういった配慮の最終的な帰結が東大出身・渡部陸将の陸幕長就任ではないかと考えている。実現すれば実に23年ぶりの一般大出身陸幕長となる。ちょっと穴狙い。払い戻しは何もないけど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年7月 1日 (月)

2013年6月の打ち上げ

先月はちょっと多めの8件。
内訳は基地基準でロシア4件、フランス2件、アメリカ1件、中国1件。ロケット基準にするとロシアが+1でフランスが-1。

3日 9:18GMT バイコヌール/プロトン (SES-6)
5日 21:52GMT クールー/アリアン5 (ATV-4 Albert Einstein)
7日 18:37GMT プレセツク/ソユーズ (Cosomos 2486 Persona)
11日 9:38GMT 酒泉/長征2F (神舟10号)
25日 17:28GMT バイコヌール/ソユーズ (Resurs-P)
25日 19:27GMT クールー/ソユーズ (O3b x 4)
27日 16:53GMT バイコヌール/ストレラ (Cosmos 2487 Kondor)
28日 2:27GMT バンデンバーグ/ペガサス (IRIS)

Orbital Launch Chronology

神舟とか ATV とかについては普通のニュースでも報じているだろうから改めて触れません。
27日にバイコヌールから打ち上げられたストレラ・ロケットはずいぶん久しぶりのはずで、調べてみたらほぼ10年ぶり2回目でした。高校野球か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »