« 北海道はでっかいどう(古 | トップページ | 2013年9月の打ち上げ »

2013年9月29日 (日)

そうだ、福島行こう。

久しぶりに週末が完全なフリーだったので、思いつきで出かけてきた。

前回、長野にでかけたときにできた写真を見てちょっと反省したのだが、どうも三十一は車両に寄りすぎて写真を撮ってしまう嫌いがあり、ときには引いた構図のほうがいい写真になるような気がして次の機会にはその点に気をつけてみようと決意していたのだが、今回の旅行では途中まで露出がマニュアルに設定されていてほとんど真っ白になってしまい見せられるものがない。一週間ほど前に中秋の名月を撮るために露出を調整していたのがそのままになってしまっていたのだ。というわけで鉄道とは関係ないがここで月の写真を載せておこう。

Img_2473

行き先は日帰りか一泊でこなせる路線として前々から想定していた磐越東線。おそらく磐越東線は「ついでに」行く機会はほとんどないに違いない。狙って行かないと踏破する機会は巡ってこないだろう。
もうひとつの目的は、磐越東線そのものというよりはその起点である「いわき」に向かうその手段にあった。常磐線特急ひたちはいずれも E657系に交代してしまっている。以前使われていた 651系と E653系には乗車経験があるけれど、新しい E657系は目撃したことはあっても実際に乗ったことがない。よく見かけるだけに一度乗っておきたいという気持ちが募っていたのだ。

当初の計画では常磐線でいわきに出て磐越東線で郡山に出てそこで一泊。さらに磐越西線で会津若松に行き会津鉄道を経由して日光方面に出て帰京、というルートを考えていたのだが、思いのほか郡山に早い時間に着けることがわかったのでそのまま日帰りすることにした。

常磐線特急ひたちには、柏などにこまめに停車するが勝田や高萩までしか行かないフレッシュひたちと、上野から水戸までノンストップでいわきまで向かうスーパーひたちが交互に運転されている。かつては使用車両も違ったが今では E657系に統一されているので、その意味ではどっちに乗ってもかまわないのだが、当面の目的地がいわきであるからスーパーひたちに乗らなければいけない。そのため、いったん上野まで行って始発から乗ることにする。スーパーひたちの自由席は下りの先頭方、3両のみ。意外に混んでいたように見えたが、一番先頭の車両まで行けばそこそこ空いていて窓際の席を確保できた。常磐線はいくつもの川を渡って行く。利根川の鉄橋は架け替え工事をしていた。交直切り替えのデッドセクションでは惰行になっていたような気がしたが、新しい車両では室内灯が消えないのでよくわからない。神立・高浜間で踏切から警報が発報したらしく緊急停止したがほどなく動き出した。水戸を出るとさらに空席が目立つようになる。日立あたりで初めて太平洋が見えた。今日はわりと波が高いようだ。このあたりから少し眠くなってきて記憶が曖昧だ。気がついたら福島県に入っていて勿来駅を通過していた。泉駅からは福島臨海鉄道が分岐しているはずだが、駅の海側に側線が見当たらない。山側に分岐してアンダーパスして海岸に向かうらしい。上野から2時間ちょっとで終点いわき到着。新幹線ほどじゃないけど特急は早いなあ。

一時間ちょっとあるので、いわきの街を少し歩く。銀行に行って現金を少しおろし、駅前の珈琲館で軽い昼食。これまで日本のいろんな街を歩いてきたけれど、下手な地方の県庁所在地よりもよほど開けていて、個人的に「この街なら問題なく生きていける」と思った。

磐越東線はJR東日本の非電化路線でおなじみキハ110系ディーゼルカーの2両編成。最近どこに行ってもこのキハ110系しかみかけないのでちょっと食傷気味。
はじめのうち、沿線風景は何の変哲もないものに見えた。しばらくは広がる田んぼと遠景に低い山。やがて線路は山間を走り出す。阿武隈山地は比較的年代が古く侵食が進んでおり、目立って高い山はない。そうした山懐に抱かれて家が点々と建っている。はじめは何の変哲もないように見えていた風景が、 逆に一見ありふれているからこそ実は貴重なのではないかと思えてきた。ありふれているものこそ、意識して守っていかないと取り返しがつかなくなってから焦っても遅いのだよ。三十一が理想と考える終の棲家が実際に形になって目の前に現れたような心持がしたよ。

一時間半ほどで福島県を半分ほど横断して浜通りから中通りに到着。E2系のやまびこで帰京する。

今回 (9/28) の旅程:
上野 (1000) → いわき (1207) 15M (E657系)
いわき (1313) → 郡山 (1448) 737D (キハ110)
郡山 (1537) → 上野 (1650) 144B (E2系)

|

« 北海道はでっかいどう(古 | トップページ | 2013年9月の打ち上げ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/58290668

この記事へのトラックバック一覧です: そうだ、福島行こう。:

« 北海道はでっかいどう(古 | トップページ | 2013年9月の打ち上げ »