« さいじょうきゅう | トップページ | 第48回スーパーボウル »

2014年1月28日 (火)

「アブロ・ランカスター爆撃機」

第二次世界大戦でイギリスを救った戦闘機がスピットファイアなら、イギリスを勝たせた爆撃機がランカスターと言えるだろう。しかし日本ではあまりランカスターの活躍は知られていないようだ。性能は平凡、防御力が貧弱で夜間爆撃しかできなかった、爆弾搭載量だけが取り柄とされているようで、かの「世界の傑作機」シリーズでもまだ取り上げられていない。

しかしランカスターは総生産機数7300機あまりでもちろんイギリスの4発重爆撃機としては最大。アメリカを含めてもB24、B17に次ぐ3位となる。1942年から45年までの出撃回数は10万ソーティを超え、ハリファックス(生産数6000機)の5万ソーティ弱と比べても完全に主力と言えよう。三十一もかつてはランカスター(というよりイギリス空軍爆撃団)についてあまり興味がなかったのだが、何かのきっかけでヨーロッパ戦線の戦略爆撃(と迎撃)について調べ始めてみると、期間にしろ投入機数にしろ投弾量にしろ、対日爆撃と比べると桁違いであることに気づいた。そこでさらに詳しく調べてみるとこれまであまり関心がなかったランカスターが非常に大きな役割を果たしていることが今さらながらわかったのだ。

ところが改めてランカスターについて調べてみようとしても日本ではまとまった書籍がほとんど出ていない。DVDで「暁の出撃」を買って観たりもしたのだが、古い映画で画面が暗くランカスターそのものをじっくり見るにはあまり向かない。この本がランカスターを扱ったほぼ唯一の和書だろう。それも初出は1979年で30年以上前の本になる。繰り返しになるが「世界の傑作機」シリーズで是非「ランカスター」を取り上げてください。お願いします。

ちなみにハセガワから72分の1、タミヤから48分の1でプラモが出ているが、例えばタミヤのプラモは長さ40センチ、幅60センチになるそうで置き場所がありません。

|

« さいじょうきゅう | トップページ | 第48回スーパーボウル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/59023165

この記事へのトラックバック一覧です: 「アブロ・ランカスター爆撃機」:

« さいじょうきゅう | トップページ | 第48回スーパーボウル »