« 2014年1月の打ち上げ | トップページ | 練習用。 »

2014年2月12日 (水)

ふっどたん。

かねて建造していた某戦艦が竣工。

Img_2569s

タミヤの HMS Hood である。
正確には戦艦じゃなくて巡洋戦艦でしたね。まあ主力艦ということで。
「日本の」戦艦とは一度も言っていないはずなので、そこは嘘はついていない。

フッドはタミヤらしいシャープな成形の、それでいて作りやすいキットで名作のひとつと言っていいだろう。外国艦なのであまり取り上げられないけどね。しかし三十一はこのキットを高く評価していて、以前も作っているので少なくとも二回目になる。ひょっとしたら三回目かもしれない。おまけにもうひとつ未組立てのキットが待っているのだ。
実は、フッドとE級駆逐艦のセットになっているキットを買ったあとで、別の捜し物をしていて昔買ったフッド単体のキットが発掘されたのだ。

ご存じの通りフッドは同型艦のない1クラス1隻で、二つ並べて「同型艦です」と澄ましているわけにはいかない。しかたないので一つ目は半分練習のつもりで組んで見ることにする。練習のつもりだから冒険もできるわけで、その最たるものが(またも)塗装だ。
タミヤのキットは大抵出来がよくて滅多に外れがないが、ひとつだけ不満があるとすると、塗装指示がタミヤカラーでされていてGSIクレオスのミスターカラーでどんな色になるかがわかりづらいことだ。ちなみに三十一はエナメルだけタミヤでそろえて、あとはミスターカラーのアクリル/ラッカーを使っている。フッドの塗装指示では船体色として「ライトシーグレイ」が指定されている。これはいわゆる「ミスターカラー31番 軍艦色1」よりもさらに白っぽいようだ。タミヤカラーの「ライトシーグレイ」はエナメルしかなく、アクリルはスポット製品で常時在庫はされていない。その上スプレーは出ていない。そこで箱絵を参考に、それらしい色をミスターカラーのスプレーで探して塗ってみた。
写真を見て、この船体色が何かわかるかな。実は「35番 明灰白色」なのである。本来は飛行機に使う色だけど、実際に作ってみたイメージはそんなに悪くないように思える。

|

« 2014年1月の打ち上げ | トップページ | 練習用。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/59121540

この記事へのトラックバック一覧です: ふっどたん。:

« 2014年1月の打ち上げ | トップページ | 練習用。 »