« 坂東太郎 | トップページ | 2014年4月の打ち上げ »

2014年4月30日 (水)

春の秋月

「秋月」という艦名は、日本海軍の駆逐艦としてはそれほど由緒あるものではない。たいていの駆逐艦名は明治時代の三等駆逐艦に初代があって、第二次大戦で活躍した駆逐艦の多くは二代目だったわけだが、「秋月」にはそうした「先代」はいない。

しかし、第二次大戦中に就役した初代「秋月」以来、海上自衛隊を含めて「秋月」「あきづき」と名付けられたフネは三代になるが、いずれも特徴のあるフネであり今や「秋月」「あきづき」という名前はそれなりの「格」を感じさせるものになってる。

今回作製した「あきづき」は通算で二代目、海上自衛隊としては初代になる。クラシックな自衛艦を出してくれているのはもっぱらピットロードであるので、これも当然ピットロード製である。

Img_2716s

ちょっと時間がかかっているのは、デカールを貼るために踏ん切りが必要だったため。しかし実際に始めてみると思うようにうまく貼ることができず、思いあまって手元のスポイトで水を垂らしたところ、スポイトの中に溶剤が残っていたためたちまちデカールが溶けてしまい、どうにもならなくなってしまった。水には水のための専用のスポイトを用意しておかねばならぬと思い知りました。というわけで、今回はデカールなし。それにしても、デカールを貼るときだけにかぎったことではないのだが模型を作っていて三本目の腕がほしいと思ったことが数知れない。残念ながら今のところ三十一には腕が二本しかついていない。

1960年に竣工した「あきづき」 (DD-161) は、基準排水量2400トンという現在の海上自衛隊の基準からするととても大きいとはいえないフネだったが、当時の国産護衛艦の中では最大で、対潜に重点を置いた「あやなみ」級と対空に重点がある「むらさめ」級の装備をあわせもった万能艦として建造されたが、当時の日本ではこうした「高級」な護衛艦を建造するだけの財政的余裕がなく、域外調達によりアメリカ海軍の予算で建造された。日本式の設計により日本で建造されたフネであったが、こうした経緯をもつので正式には供与扱いであり米海軍の艦番号がついている (DD-960)。就役後はもっぱら艦隊旗艦として運用され、1963年から1985年まで20年あまり護衛艦隊旗艦をつとめている。

これで初代と二代目を建造したことになる。三代目はそのうちに。

|

« 坂東太郎 | トップページ | 2014年4月の打ち上げ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/59560321

この記事へのトラックバック一覧です: 春の秋月:

« 坂東太郎 | トップページ | 2014年4月の打ち上げ »