« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月31日 (土)

「ミッドウェー戦記」


三十一が書いているのは実は本そのものの感想ではなく、本をダシにしてウンチクを垂れ流しているだけじゃないかという気がしている。
だからと言って、改める気もないのだが。

Amazon で酷く低い点数をつけていた人がいたが、確かに入門書ではないけれど、ミッドウェー海戦という大きな流れの中で闘っていた個々人がそれぞれどんなことを感じ、考え、決断したかという観点で見るならば佳作だと思う。
三十一自身、そういう感情が芽生えてきたのはそれなりに年輪を重ねてからなので、ひょっとしたらこの評者はまだ若いのかもしれない。

さてウンチクに移ろう。とりあえずふたつだけ、いずれも下巻からとりあげる。

参謀長草鹿少将が炎上する旗艦赤城を退艦して一時的に長良に移ったとき、退艦時に痛めた足を診察してもらったのだが長良には「歯科専門の軍医しかいなかった。」という記述があるが、これは疑わしい。実際にそれに類するやりとりがあったのかもしれないが「歯科専門の軍医」というのは無いはずだ。現在でも、「歯科専門の医師」というのは(日本では)いない。歯科医師は医師ではないのだ。養成課程も違うし免許も違う。旧海軍では(陸軍でも)「軍医科士官」とは別に「歯科医科士官」というのがあった。しかし歯科医科士官という制度ができたのは陸軍で昭和15年、海軍で昭和16年のことである。ほとんど歴史はないに等しい。こちらの「歯科医」に少し説明があるので参照してみてください。

次のウンチクのネタは、燃えながらもなお走り続ける飛龍を見守っていた駆逐艦風雲の艦長吉田中佐の回想。

「(略)飛龍は四ノットくらいで走っていた。私(風雲)は、五百メートルから千メートルの距離で並行して走っていた。そう、五百メートルの並行ですよ。(略)潰されそうでこわかったですよ。(略)」

四ノットというのは時速7.5キロくらいだろうか。早歩きか小走りくらいだろう。陸の上の感覚では、500メートル離れて時速7.5キロで並行して走っていて「こわい」という感覚になることはまずあり得ないだろう。しかしそれが「こわい」のが船乗りの感覚なのだ。
同じようなことは空に対しても言える。たとえば、「戦闘機が上空何十メートルくらいのところを飛んでいってこわかった」などというニュースが流れることがあるが、素人さんが「何十メートル」と言っていたなら、実際にはその10倍くらい距離があるのが普通である。それくらい人の感覚というのはあてにならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月29日 (木)

「不沈艦伝説」からの VT信管

実はこの本はまだ読み終えていない。というか、多分読み終わらないと思う。
基本的に読み終わらなかった本の感想は書かないのだが、このままだと指摘もできないので異例ながら取り上げる。

以前、同じ著者の本を取り上げたことがあったが、そこで VT 信管についての誤りを指摘した。

ひとつ、これは明らかにおかしいと思ったのは、アメリカ海軍がボフォース40ミリ機関砲の弾頭に近接信管を使用していた、という記述。これはいわゆる VT信管のことだと思うが、40ミリ機関砲に VT信管を使ったとは聞いたことがないし、発射速度の大きい機関砲の弾丸にいちいち近接信管を使うとは考えられない。改めて確認してみたところ、近接信管 を使っていたのは3インチ砲や5インチといった「高角砲」の砲弾で、40ミリ機関砲で使用できるサイズの近接信管が開発されていたという記録は見あたらな い。

しかし、今回の本でも同じ間違いが記載されている。しかも、それほど厚くない本の中で2回も。おそらく、著者の中ではそういうことで確定してしまっているのだろうが、アメリカ海軍のサイトにはちゃんと説明がある。

Radio Proximty (VT) Fuzes (Naval History & Heritage command)

やや分量があるが、"Development of Proximity Fuzes (VT) for Projectiles - VT Fuzes Mks 32 to 60" をまとめると、

- Mk 32 (5インチ38口径砲)
- Mk 33 (英海軍4.5インチ砲)
- Mk 41 (英海軍4インチ砲)
- Mk 45 (3インチ50口径砲)
- Mk 47 (6インチ47口径砲)
- Mk 53 (5インチ38口径砲)
- Mk 56 (英海軍4.5インチ/5.25インチ砲)
- Mk 58 (3インチ50口径砲)
- Mk 59 (5インチ54口径砲)
- Mk 60 (英海軍4インチ/4.7インチ砲)

Mk 45 は量産されなかったが、これ以降の各型の原型の役割を果たした。
見ればわかるとおり開発された信管は 3~6インチ砲弾用のものであり、40mm 機銃弾には用意されていない。

ついでに言うなら、Wikipedia のボフォース機関銃の記事にはこんな記述がある。

After the war, the 3"/50 caliber gun Mark 27 mount began to replace the Bofors, because the "VT" proximity fuse would not fit a 40mm projectile.

「40mm 機銃弾には "VT" 近接信管が使用できないため、ボフォース機関銃は戦後 3インチ 50口径砲で置き換えられた」

さて次の本では直るかな。三十一がこの著者の本をまた読むかどうかわからないが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月26日 (月)

海軍記念日を前にして

今月の J Ships 誌で岡部いさく氏が歴代の「秋月」「あきづき」について書いていると思ったら、Model Art 誌でも衣島尚一氏が歴代「秋月」「あきづき」の制作記事を書いていた。その少し前に三十一がやはり歴代「秋月」「あきづき」に対してコメントしてたので、真似されたかな(もちろん冗談なので本気で怒らないで)。さらに言うなら、岡部氏は「NATOと違って日本は独力で防衛しなきゃいけない」みないなことまで書いてるし。名の知られた軍事評論家と同じような発想ができたということは自信にしていいだろう。

ちなみに三十一は

冬の秋月
春の秋月

という順番で記事を書いてきたので、次に三代目の「あきづき」を作るのは夏にしようと考えている。

ただ、三十一は現物の「あきづき」(あるいは同型艦)を見たことがない。思い返してみると3年前の震災以来、横須賀にもそれ以外の海自基地にも行っていないのだ。こんなことではいけないと思い立ち、天気もよかったので今日横須賀に行ってきた。
往きは京急。品川から快特で横須賀中央駅について降りてみると、何やら祭り囃子が聞こえて出店がずらりと並んでいた。しまった、祭りか。想定していたルートが祭りで混雑していたので、ひとつ脇に入った道を使ってヴェルニー公園をめざす。

ショッパーズプラザ側からJR横須賀駅方面に向かって歩きながら写真を撮っていく。
まず目に入るのは軍港巡りの遊覧船にならぶ行列。いつか乗ってみたいと思っているのだが、今日はやめておく。アナウンスが聞こえてくるのだが、「双眼鏡レンタル100円」とか言ってるなあ。「軍港めぐり」に乗りにいくときは双眼鏡持参で来ようと思った。
ヴェルニー公園(というより逸見の岸壁と言うほうがなじみ深いのだが)の真向かいは米軍施設で、見渡してみるとアーレイバーク級のイージス駆逐艦が4隻停泊しているのが見え、それとは別にマストの上のほうだけ見えているのがアーレイバーク級1隻と、タイコンデロガ級イージス巡洋艦1隻。またよく見るとイージス艦のあいまに海自の潜水艦が合計3隻停泊している。見えてる範囲ではすべて「おやしお級」に見える。「そうりゅう級」と「おやしお級」では尾部の舵の形が違うのが判別ポイントだ。

Img_2752t

こちらは DDG-63 USS Stethem のクローズアップ。

Img_2790t

いっぽう、こっちは海自の吉倉桟橋に横付けする DD-153 ゆうぎり と DD-174 きりしま。ヴェルニー公園からでは、海自側はアングルに制約が大きい。この写真を選んだのは、ゆうぎりときりしまの大きさの違いが非常によくわかって面白いだろうと思ったから。

Img_2816t

横須賀総監部前の岸壁には DD-107 いかづち、DD-171 はたかぜ、DD-116 てるづき が係留されていた。

Img_2838t

そもそも横須賀に来た目的であるてるづきが見られたのはよかったが、むしろはたかぜが見られたのは嬉しかった。意外とはたかぜ級は好きなんだよ。
きりしまの艦首の向こう側にも何隻か碇泊しているのが見える。まずは「むらさめ級」または「たかなみ級」のヘリ格納庫が見える。その向こうには「たかなみ級」と思しき127ミリ砲。そしてさらにその向こうには「あさぎり級」と推定されるヘリ格納庫が見えている。

Img_2861t_2

さて肝心の「あきづき級」(てるづき)だ。

 Img_2874t_2

Img_2884t_2

Img_2895t

となりの「いかづち」のほうが一回り大きく見えるけど、この記事3枚目の写真を見てもらえばわかる通り、「いかづち」のうしろに「はたかぜ」が係留されており、「はたかぜ」の横に「てるづき」が碇泊しているので、実際にはわずかながら「あきづき級」のほうが大きくなっているのだ。

結局、1時間たらずの滞在で撮った写真は100枚ほど。ディテールがわかるようなアップの写真は掲載していないけれど、興味深い写真がいっぱい撮れました。
それにしても、公園を散策している家族連れやらカップルやら学生とおぼしき団体が艦艇を見ながらあれこれ曰ってるなかには嘘や誤解がてんこもりで、いちいち指摘するわけにもいかずイライラさせられたことよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月20日 (火)

「ドイツ駆逐艦入門」

ものすごく久しぶりに感想を書く気になったのは、この本が気に入ったからではない。むしろ逆だ。
この著者の別の本を前に読んだときにも感じた、強烈な英文和訳臭。

文体そのものもそうだし、用語の表記が統一されていないのもそうした印象を強くさせる。本職の翻訳者ならば表記を統一するために単語の対照表を作るはずだが、本職ではないだけにそこまではしなかったのかなと思ってしまう。

特に違和感を感じたのは「ファンネル(煙突)」という表記。確かに funnel は「煙突」だけど、わざわざ併記する必要があったのかな。おまけに、また別のところでは単に「煙突」と表記されているが違いがわからない。

こういうのが気になり始めると本の内容よりもこうした「間違い探し」に熱中してしまう。おかげで中身はほとんど覚えていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

老鯖は死なずただ消え去るのみ

鯖を置き換えました

基本的な設定は完了したので、テストの意味もあってルーターの設定を変更して外部から新鯖に置き換えた。

いまのところアプリは

 

Orbital Launch Chronology

しかないけど。

HWの観点でもまだ暫定的な要素が含まれている(メモリーとか)ので「試作」扱いだが、制式採用になるのもそんなに遠くないと思う。
さて今後アプリは増えていくのか。構想はいろいろあるんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月16日 (金)

深く静かに潜航せよ

三十一の部屋には、日常的に使用されているPCが3台ある。
そのうち1台は24時間稼動が前提で、いまはACアダプタを電源とするITXのベアボーン機になっている(Orbital Launch Chronology はここで動作している)。小型なのでビデオラックにおくことができるし、ACアダプタなので電源ファンもない。夜、就寝している状態でも上げっぱなしにしていられるのはそこそこ静かだからだ。しかし、小型ベアボーンは置き場所を選ばない代わりに拡張性に乏しい。複数の要求を投げると待たされることが多い(これはDBの設定にも原因があるが)。また、長時間上げっぱなしにしていると怪しい挙動をすることが多くなったので、一日に一度再起動しているのだが、そのせいでログファイルが増加傾向にある。さらに、先日思い立ってCPUの温度を測ってみたところ90度を超えていた。さすがにこの状況はよろしくないだろうということで、早急な対応が望まれた。

先週末に10年ぶりくらいに新しいPCケースを買った。中身のパーツはずいぶん入れ替わっているが、ケースを買うのは本当に久しぶりだ。だいぶ進化しているとは聞いていたが、改めて調べ始めてみると最近のケースは多機能でしかもさほど高くない。

で、買ったのはこのケース。価格はそこそこだが静かだという評判。

このケースに玄人志向のファンレス電源とシステム用にSSD、低消費電力の Core i3 CPUを組み合わせて、1台組み上げる。まっさらから1台作り上げるのは本当に久しぶりだなあ。慣れないケースなので少し手間取ったが、3時間くらいで起動できる状態になった。

ケース: fractal DEFINE R4
電源: 玄人志向ファンレス 600W
M/B: Asus H87-PLUS
CPU: Core i3 4130T
Mem: 4GB
SSD: Silicon Graphics 240GB

電源を入れてみると、驚異的に静かだ。インジケーターが点いていなければ上がっているとはとても思えない。データ用の HDD はまだ積んでないので、実際に使い始めたらもう少し音がするかもしれない。しかしその際には CPU クーラーを現在のリテール版からファンレスに変えようと思っているので、多少は相殺されるだろう。メモリーは現在暫定的に4GBだけ積んでいるけど、いずれ拡張する予定。そうすれば HDD へのアクセスが減るかもしれない。HDD は RAID を組んでミラーリングさせ、ファイルサーバーとして使用する。RAID 10 にしようかとも思ったが、ストライピングさせるほど速度は要求されないので、管理の容易さを優先してミラーリングのみとする。

ためしに立ち上げたまま一晩寝てみた。大柄なケースなので寝ている足元に置くしかなかったのだが、まったく気になりませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月11日 (日)

シンゾー型「集団的自衛権」はいらない。

以前にも書いた通り、三十一は日本は集団安全保障体制に入るべきだと考えている。そのためには集団的自衛権が前提となる。

ただ最近の安倍内閣が目指している閣議決定による集団的自衛権容認というシナリオには必ずしも賛成しない。正面からの改憲ではなく閣議決定による解釈変更という手段も好ましいとは思わないが、実はもっと問題があると思っているのが閣議決定しようとしている「集団的自衛権」の内容だ。

最大の問題は、集団的自衛権の発動要件に「放置すれば日本の安全に重大な影響が及ぶ場合」と条件をつけたことだ。政府側はこの条件でもって集団的自衛権の発動に危惧をもつ層の不安を抑えようとしているのだろうが、三十一から見ればこんな「条件付の」集団的自衛権なら無いほうがマシだ。
アメリカでも他の国でもいいのだが、実効性のある集団安全保障体制を作ろうとするなら、「同盟関係にある他国が攻撃された場合は、自国が攻撃された場合と同様の対応をとる」ことが絶対に必要だ。少なくともそういう対応をとると「信じさせる」ことができないと効果がないことは少し考えればわかるだろう。「信じさせる」相手は、アメリカのような同盟国でもあるし、また北朝鮮のような脅威対象もそうである。そこに「日本の安全に影響があるかどうか」というような曖昧な条件をあらかじめつけておくのは、本気で集団的自衛権を行使する気がないととられかねない。ましてや万一、どこかの国が明らかに不当な侵略をうけた場合(例えば1990年のクウェートなど)に「日本の安全にさして影響がないから」として集団的自衛権の発動を拒むようなことをすると、日本に対する信用を決定的に損なってしまう。

こういう中途半端な、むしろ百害あって一利がない似非集団的自衛権をこじつけようとするのは、現行憲法の制約の中で抜け穴を探して「集団的自衛権」を認めさせようとするからで、憲法が日本と極東の安全と安定にとって障害となっている(と三十一は思うのだが)ならちゃんと変えるべきだろう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年5月 7日 (水)

日本の空母と言えば

このゴールデンウィークは、真ん中に当番があってまとまって外出できなかった(できたとしても混雑するゴールデンウィークに遠出するつもりはないが)ので、「ヨーロッパの解放(ガルパンパッケージ)」、「ゼログラヴィティ」、「ブルーマックス」、「眼下の敵」、「2010年」、「ザ・パシフィック」などを見ながら「瑞鶴(真珠湾攻撃)」を作っていた。

「ヨーロッパの解放」は、もちろん以前から知っているし、何度か見ていたのだが何しろLDやDVDが割高で全部買うとン万という単位になってしまうのでなかなか買い揃えることはできなかった。それが全5作まとめて一万円前後で(三十一は密林で8000円くらいで買いました)入手できるようになったのはありがたい。ガルパン様々だ。オリジナル版とは、ピンバッジが封入されているのと、ガルパンのイラストをあしらったパッケージがかぶせてあるくらいしか違いがないので、パッケージの紙を入れ換えてピンバッジを取り出せばオリジナル版と変わらない。どっかのタイミングで値段が下がってたのかもしれないけど、ガルパンパッケージでないとモデルグラフィックス誌が取り上げてくれることもなかっただろうからやっぱりガルパン様々だ。

さて「瑞鶴」に話を戻そう。何しろ第二次大戦直前に当時の経験をすべてつぎ込んで条約の制限もない状態で建造された空母だけあって大きいだろうとは思っていたのだが、実際作り始めてみると思いのほか大きくてちょっとびっくりした。いつものごとく飛行甲板の塗装から始めたのだが、ダンボール製の自作塗装ブースをはみ出しそうだ。「利根」と比べてもふたまわりくらい大きい。ただし、図体が大きい割には凹凸は少ない(それが空母の空母たる所以なのだが)ので塗装自体はそんなに面倒ではない。まず飛行甲板全体に白サフを吹き、その上から甲板色をスプレーする。そして甲板の前後端や両端、昇降機、遮風柵をマスキングして軍艦色でスプレー。着艦拘束装置や滑走制止柵を筆塗りすれば塗装自体は終わり。そこにデカールを貼れば飛行甲板は完成だ。飛行甲板以外はほとんど軍艦色一色(塗りわけしたのは艦載艇くらい)なのでさくさく進む。結局、起工から竣工まで一週間くらいしかかからなかった。ゴールデンウィークだったというのもあるけど、やはり空母は作るのが楽。ただし、船体と飛行甲板のような大きなパーツ同士の接着には神経を使う。

Img_2718s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 4日 (日)

2014年4月の打ち上げ

4月が急に増えて10件。アメリカ3、ロシア3、ヨーロッパ2、インド1、イスラエル1。

3日 14.46GMT バンデンバーグ、アトラスV(DMSP F19)
3日 21.02.26GMT クールー、ソユーズ(Sentinel 1A)
4日 11.44GMT スリハリコタ、PSLV(IRNSS 1B)
9日 15.26.27GMT バイコヌール、ソユーズ(Progress M-23M)
9日 19.06.02GMT パルマヒム、シャヴィット(Ofeq 10)
10日 17.45.00GMT ケープカナベラル、アトラスV(NROL-67)
16日 16.20GMT バイコヌール、ソユーズ(EgyptSat 2)
18日 19.25.22GMT ケープカナベラル、ファルコン9(Dragon CRS-3, SporeSat, TSAT, PhoneSat 2.5, ALL-STAR/THEIA, KickSat)
28日 04.25.00GMT バイコヌール、プロトンM(Luch 5V, KazSat-3)
30日 01.35.15GMT クールー、ヴェガ(KazEOSat 1)

Orbital Launch Chronology

イスラエルがほぼ4年ぶりになる人工衛星の打ち上げ。地形の問題から西向きに打ち上げられるという他に例がない打ち上げで知られているが、初めての打ち上げから26年間に10回(うち失敗3)というゆっくりとしたペースで打ち上げを続けている。自前で打ち上げるのは軍用の偵察衛星だけで、それ以外は外国に依頼するという方針が徹底されているようだ。

そのほかの注目はインド PSLV の打ち上げ、SpaceX ファルコンロケットの打ち上げ、ヴェガロケット3基目の打ち上げ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »