« 日本の空母と言えば | トップページ | 深く静かに潜航せよ »

2014年5月11日 (日)

シンゾー型「集団的自衛権」はいらない。

以前にも書いた通り、三十一は日本は集団安全保障体制に入るべきだと考えている。そのためには集団的自衛権が前提となる。

ただ最近の安倍内閣が目指している閣議決定による集団的自衛権容認というシナリオには必ずしも賛成しない。正面からの改憲ではなく閣議決定による解釈変更という手段も好ましいとは思わないが、実はもっと問題があると思っているのが閣議決定しようとしている「集団的自衛権」の内容だ。

最大の問題は、集団的自衛権の発動要件に「放置すれば日本の安全に重大な影響が及ぶ場合」と条件をつけたことだ。政府側はこの条件でもって集団的自衛権の発動に危惧をもつ層の不安を抑えようとしているのだろうが、三十一から見ればこんな「条件付の」集団的自衛権なら無いほうがマシだ。
アメリカでも他の国でもいいのだが、実効性のある集団安全保障体制を作ろうとするなら、「同盟関係にある他国が攻撃された場合は、自国が攻撃された場合と同様の対応をとる」ことが絶対に必要だ。少なくともそういう対応をとると「信じさせる」ことができないと効果がないことは少し考えればわかるだろう。「信じさせる」相手は、アメリカのような同盟国でもあるし、また北朝鮮のような脅威対象もそうである。そこに「日本の安全に影響があるかどうか」というような曖昧な条件をあらかじめつけておくのは、本気で集団的自衛権を行使する気がないととられかねない。ましてや万一、どこかの国が明らかに不当な侵略をうけた場合(例えば1990年のクウェートなど)に「日本の安全にさして影響がないから」として集団的自衛権の発動を拒むようなことをすると、日本に対する信用を決定的に損なってしまう。

こういう中途半端な、むしろ百害あって一利がない似非集団的自衛権をこじつけようとするのは、現行憲法の制約の中で抜け穴を探して「集団的自衛権」を認めさせようとするからで、憲法が日本と極東の安全と安定にとって障害となっている(と三十一は思うのだが)ならちゃんと変えるべきだろう。

|

« 日本の空母と言えば | トップページ | 深く静かに潜航せよ »

コメント

おっしゃるとおりだと思います、変えるべきものは変えないと、のちの人がこまります。

96条の話はどこにいったのでしょうか。
シンゾーさんに期待したのはまちがいだったのかな。

参拾壱さん、あなたのブログを楽しみにしている人間がひとりはいることを覚えといてください。

十年以上前からのファンより。

投稿: もも | 2014年5月14日 (水) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/59626997

この記事へのトラックバック一覧です: シンゾー型「集団的自衛権」はいらない。:

« 日本の空母と言えば | トップページ | 深く静かに潜航せよ »