« 「なぜ都市が空襲されたのか」「海上護衛戦」 | トップページ | 自分じゃ決められない »

2014年6月10日 (火)

ブラック企業と靖国神社とAKB

天下の国営放送までもがニュースで結果を報じた総選挙だが、正直言って選抜メンバーのうち半分くらいしか名前がわからないし、名前と顔が一致するのはそのまた半分くらいでしかない。

ちょっと気になったのは、AKB商法に対して批判的な言説に対して「本人たちはあれだけひたむきにやってるのに批判するなんて」という反応があったことだ。
この反応がどんなにおかしなことを言っているかというのは、同じ論理構造を別のシチュエーションにあてはめて見ればよくわかる。
「従業員はまじめに働いているんだから、ブラック企業を批判するのはおかしい」
と言ってるのとロジックが同じだよね。

実際、三十一にはAKBグループはある意味究極のブラック企業に見える。社員のなり手はいくらでもいるし、ちょっとあおってやれば勝手に社員同士で業績を競ってくれる。使えない社員はクビにすればいい。どこから見ても立派なブラック企業のやり口だ。

繰り返して言うが、だからといってメンバーの一生懸命さを否定しているものではない。彼女らの努力は(人によって評価は違うだろうが)尊重されるべきだ。それと運営側のやり方を肯定するかどうかはまったく別の話だ。

ブラック企業と従業員
AKB商法とメンバー
大日本帝国と兵士たち

いずれも区別して考えるべきだ。
国のために命を落とした人々を敬うことは、必ずしも日本帝国の政策を支持することと同一ではない。

|

« 「なぜ都市が空襲されたのか」「海上護衛戦」 | トップページ | 自分じゃ決められない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/59794640

この記事へのトラックバック一覧です: ブラック企業と靖国神社とAKB:

« 「なぜ都市が空襲されたのか」「海上護衛戦」 | トップページ | 自分じゃ決められない »