« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月30日 (水)

富山市で日本海にそそぐ一級河川

戦後イタイイタイ病で名を知られることになる神通川(川は「じんづう」と濁るが、巡洋艦のほうは「じんつう」と濁らない)だが、「神」に「通」じるという字面は戦前の日本では好ましいものだったろう。

Img_3222s

それほど複雑な構造とは言えない大正期の軽巡を完成させるのに一ヶ月以上かかったのは、別に腕が落ちたわけでも変なところに凝ったわけでもなく、純粋に他に時間をとられたのだ。
ちょっとした時間があると wiki の更新を始めてしまい、そのままどっぷりハマって「今日も手をつけられなかった」と思うことがしばしばで、実際に製作に費やした時間は大したことはないだろう。

作ってみて思ったのは、やっぱり大正時代の巡洋艦はシルエットがシンプルであっさりしているなあということ。そして駆逐艦と並べてみたときに、本来の巡洋艦の存在価値は武装ではなくこの(駆逐艦と比べれば)大柄な船体なんだなあということ。
大戦期の巡洋艦や、あるいは駆逐艦と比べてでさえ5500トン型巡洋艦の武装はそれほど充実しているとは言えない。日本海軍の師匠筋にあたるイギリス海軍では、全世界にちらばる植民地の警備と植民地への連絡路の維持のために巡洋艦を重視した。その巡洋艦に求められたのは、長大な航続力と、外洋で安定して巡航できる能力だ。そのためにはある程度の大きさの船体が必須条件となり、武装は二の次になる。
大正時代までは日本海軍も(その思想はともかくとして)イギリス海軍にならった巡洋艦を建造していたのだが、夕張あたりからちょっと毛色が変わってきて船体はできるだけ小さく、武装はできるだけ強力にという方向に走り始めた。
イギリスよりもはるかに貧乏な日本にとってはやむを得ない面もあったろうが、通商保護を二の次にして攻撃一辺倒に陥った日本海軍がおかしくなり始めたのはこの後だ。模型的には、あるいは造形的には面白い時期ではあるのだけれど。

さて模型制作のペースは落ちたが在庫が増えるペースはそれほど落ちていない。
最近、積み上げられた模型の下のほうで箱が潰れかけるという問題が発生し、高さを減らす作業に迫られた。体積は減らない(むしろ増えている)のに高さを減らそうとすると、必然的に面積が増えることになる。かくして部屋がますます狭くなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月28日 (月)

緊急の買い物

モニターを買いました。

三十一は長い間 EIZO の17インチモニターを使っていた。いまや骨董品とも言うべき CRT つまりブラウン管だ。液晶に買い換えればもっと大きい画面サイズでもスペースを食わないし、省エネにもなる。価格もかなり下がっているので買い換えたほうがメリットが大きいことはずいぶん前からわかっていた。それでもずっと CRT を使い続けていたのは、何の問題もなく動作し続けていたということと、それともうひとつは買い換えたとしても古いモニターを廃品回収に出すのが面倒だったからだ。

ところが最近になってマシンが集約されて机の上が整理できるようになったことや、マシンのさらなる改善を目指してアキバのパーツ店に足繁く通っているうちに、さすがに置き換えたほうがいいんでないだろうかと思い始めた。店頭に置かれていた 4K モニターに心引かれたという事情もある。まあ 4K は時期尚早としても、そこそこ大きな液晶に買い換えてもそれほど無理な買い物でもないような気がしてきた。
だがしかし、急ぐ買い物というわけでもないのでじっくり時間をかけて吟味して適当なタイミングでポチろうと考えていたその矢先、今日の(もう昨日か)午前中にモニターが映らなくなった。まるで主人の心変わりにあてつけるかのようだ。

KVMスイッチを介して接続していたのを直結してみたり、ノートPCにつないだりしてみたが一向に映らない。変な設定ボタンを押してしまったんではないかと思ったりもしたが、NO SIGNAL のメッセージも出ないのでやっぱり壊れたらしい。

というわけで急遽秋葉原に出撃してモニターを調達してきた。
必須条件はノングレアであること(窓際に設置することになるので)、あとは値段とサイズのバランスで決める。少々の値段の違いであれば画面サイズの大きいほうを選ぶが、自力で持ち帰る必要があるのでおのずと限界がある。ゲームをするわけではないので描画速度などはそこそこで十分。

こうした条件で選んだのが上記の品。DOSパラでのセール品だ。

ちなみに CRT は粗大ゴミ予備軍として空き部屋に押し込められた。

わが現有戦力および開発予定機材

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月17日 (木)

Amemiya って最近見かけないけど

wiki 始めました。

wiki31

サーバーを置き換えてから約二ヶ月
はじめのうちはネットワークが不安定だったが、USB 接続の LAN アダプターにつなぎ替えてから劇的に改善した。アダプターそのものに HW 的な問題があったのか、それともドライバーのせいかわからないが、頻繁に再起動する必要はなくなった。ねんのため、週に一度再起動させているけど、その間ほぼ安定して稼働している。

で、これまでテキストで提供していたページを置き換えるべく、wiki を準備した。少し前にトップページにリンクを貼ったので気づいた人もいるかもしれない。
実は wiki そのものはずいぶん前に導入していたのだが、多数のアクセスを許容できるようなマシンではなかったので個人専用になっていた。新しいマシンもそんなにハイスペックなわけではないが、この blog の読者くらいがときどき参照するくらいなら持ちこたえるだろうと思って公開用の wiki を用意した。

もし利用する人がいるなら注意点がみっつほど。

まず、この wiki は参照専用です。更新は管理者である三十一が三十一の流儀で実施します。
次に、この wiki はまだまだ更新途上です。ある程度まとまった形になるまでは多分年単位の時間がかかるでしょう。
そして最後に、この wiki には日本語版と英語版がありますが、当面は英語版を優先して更新しています。これから作るなら英語版のほうが需要があるだろうと考えるからです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月10日 (木)

キミの仕事、ボクの仕事

小野寺防衛大臣が米軍の強襲揚陸艦を視察したとか。そのときのコメントからは導入に前向きな姿勢が見られた。

かつて日本が「おおすみ」型の輸送艦を整備したときには「事実上の強襲揚陸艦だ」とか騒がれていたので今になって問題にするのもよくわからないのだが、日本にアメリカ式の強襲揚陸艦が必要かというとたぶんいらないだろう。

「おおすみ」型は1998年から3隻建造され、そろそろ後継の検討を始める時期ではあるのだが、豪華装備好みの海幕が大臣になにやら吹き込んで地ならしをした、という構図が透けて見える。
アメリカ軍が持っているモノを持ちたがるというのは三自衛隊共通の悪弊だが、それが本当に必要かどうかというのは一度立ち止まって考えてみるがいいだろう。
以前の記事で「必要なのは形を変えることで、相似形のまま拡大(あるいは縮小)することではない。」と書いて、現在の自衛隊を単純に拡大または縮小するようなことをするべきではないと主張したが、同様に自衛隊を「リトル・アメリカ軍」にするようなこともするべきではない。
今後、日本が集団的自衛権を行使してアメリカと集団防衛を行うことを想定したときに、同盟の中で日本はどういう役割を果たすべきか。そういう観点から防衛力整備を考えるべきであろう。アメリカの真似をしても、所詮アメリカの亜流にしかなり得ないのは明らかである。それよりもむしろ役割を分担して棲み分けをするほうが共同作戦上の困難さも少なくなるだろうし、ずっと効率的だろう。こうした役割分担を考えたときに、強襲揚陸艦などを駆使して脅威下で渡洋侵攻を行なう両用作戦能力は当然アメリカ軍の分担になるだろう。

もちろん、災害救助などの対処のためにはある程度の輸送能力は必要だろう。三十一は「おおすみ」型輸送艦が整備された裏で中小型の輸送艦が姿を消していくことに危機感を感じていたから、少数のヘリコプター運用能力を持つ輸送艦と、多数の中小型揚陸艦を組み合わせたHI-LOミックスの輸送能力を整備すべきと考える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 6日 (日)

2014年6月の打ち上げ

先月は少ない。3件だけでした。ただしその中に一度で37個の衛星を打ち上げてるのがあるので、衛星の数だと43個になる。

14日 17.16.48GMT プレセツク/ソユーズ2.1b (コスモス2500 GLONASS-M)
19日 19.11.17GMT ドンバロブスキ/ドニエプル (KazEOSat 2 など37個)
30日 04.22GMT スリハリコタ/PSLV (SPOT 7 など5個)

Orbital Launch Chronology

三十一のマニア心をくすぐるのは久しぶりのドンバロブスキから打ち上げられたドニエプルロケット。それらしい名称がついているけれど、実態は地下サイロから打ち上げられるICBMでしかない。

またコスモスシリーズの衛星がついに2500に達した。もちろん世界一だが、厳密な意味のシリーズではなく、はっきりした名称をつけたくなかった場合にもコスモス何号とか付けたりしていたので(用途を知られたくない理由があるときなど)、シリーズ全体を通して共通の特徴はなにもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 2日 (水)

60年目の「他衛隊」

憲法解釈変更による集団的自衛権容認が閣議決定された。

ニュースのコメントを聞いていて思い出したのだが、昨日7月1日は1954年に保安隊・海上警備隊を改編、新設の航空自衛隊をあわせて防衛庁/自衛隊が発足していからちょうど60年になる。

集団的自衛権や集団安全保障についてはこれまでも何度か述べてきたので詳しくは触れない。ただ報道を見ていて思ったことをいくつか。

本来必要なのは、日本の安全保障をどう確保するかという議論だと思うのだが、そこがすっぽり抜け落ちて小手先の技術論に陥っているように見える。賛成派と反対派で想定している姿が大きく違う状態で「どうするか」という手段の部分だけで論争しているからかみ合わないのだ。

ついでに言えば、安全保障をどうするかという議論をするためには、国外からどう見られるかということをもっと意識しなければ実効性のある結論は得られない。安全保障の対象は主に国外の勢力だということはけっこう忘れられがちだ。今回、集団的自衛権行使に対して反発している国がいくつかあったが、逆に言うとそういう国は日本に集団的自衛権を行使されると不都合だと考えていることを示している。つまり少なくともこうした国に対して「集団的自衛権行使」は有効だという証拠だ。

それにしても、「各党の反応」ということで野党の党首や幹事長のコメントが報じられていたが、内容よりもむしろ印象に残ったのはその人数。改めて並べて見ると数が多いなあ。数が多いということはひとつひとつの所帯が小さいということだな。野党にはもっとがんばってほしいのだが、かと言って応援しがいのある党もないというのが実情だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「第一次世界大戦陸戦史」

今年は第一次大戦が始まって100年。
6月28日には第一次大戦の引き金となったサラエボ事件の記念日ということが報道されていた。しかし実際に第一次大戦がはじまったのは8月に入る頃だ。「8月の砲声」って映画もあったよね。

6月28日にサラエボ事件、すなわちセルビア人のテロリストによってオーストリア=ハンガリー二重帝国の帝位継承者が暗殺されるという事件が起こってからおよそ一ヶ月が経とうとしている7月23日になって唐突にオーストリア政府はセルビアに対して48時間の期限つきで最後通牒をつきつけた。それまで比較的セルビアに対して批判的だった国際世論が、この唐突で強硬な最後通牒によって一気にオーストリアを非難する空気になったと伝えられる。ではオーストリア政府はこの一ヶ月何をしていたのかというと、自らの後ろ盾になるべきドイツと、相手のセルビアの後ろ盾になるべきロシアの動向をさぐっていたのである。
ロシアの動向はともかくとして、ドイツの支持をとりつけたオーストリアはセルビアに対して強硬に出ることにした。このときドイツがオーストリアに安易に保障を与えたことが、第一次大戦を未曾有の世界戦争にしてしまう結果を招くことになる。
7月28日、オーストリアがセルビアに宣戦布告すると、ロシアが対オーストリア戦を予期して総動員を開始する。これに対抗してドイツが総動員を開始した。当時の同盟関係においては、ドイツ=ロシア戦はただちにドイツ=フランス戦を意味した。フランス攻撃に際してベルギーの中立を侵犯したことで、ベルギーに保障を与えていたイギリスもドイツに宣戦布告したのは8月4日である。オーストリアの対セルビア宣戦布告からわずかに一週間で、ヨーロッパの主要国が両陣営にわかれて4年あまり戦い続ける大戦争が始まった。

本のタイトルが「陸戦史」なので海戦や空戦、外交についてあまり記述がないのはしかたがない。しかし、正確を期するならば「ヨーロッパ陸戦史」もしくは「東部・西部戦線陸戦史」とでもしておくべきではなかったか。極東青島戦はもちろん、パレスチナ戦線やアフリカ戦線、イタリア戦線などはほとんど取り上げられていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »