« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月24日 (日)

「特攻の真意」

「特攻」とは、将来にわたって民族にとって忘れられない、忘れるべきではない、そして逃れられない過去であり続けるだろう。 それは「戦争を始めた」というもうひとつの負い目とはまた違った観点で考えることが必要になる。

「必死の作戦」という発想自体は、実は日本に特有のものではない。当時のアメリカ軍兵士の多くが「自分が同じ立場に立たされたらやはり志願するだろう」と回答したという。また、投げられた手榴弾の上に身を投げて戦友を救った、という事例は洋の東西を問わず、また時代と問わず見られる現象で、多くの国では「英雄的な行為」として顕彰の対象になっている。

それではなぜ「特攻」が日本の特有の作戦として、さらに戦争末期には「常用の戦法」として多用されるまでになったのか。それには、「行かせた側」の責任が大きいだろう。

これまで往々にして「行った側」「行かせられた側」の心理は分析されてきたが、「行かせた側」の心理はあまり分析されてこなかった(この本で分析しているという意味ではない)。「戦争末期の追い詰められた心理」とか「狂信的な軍国主義」とか「葉隠精神」とか、あるいは「兵士をコマとしか見ていない日本軍の非人間性」などに単純化してしまうのがこれまでの主な論調だが、そうした議論からは「今は時代が違うから」という結論しか出てこない。 「特攻の生みの親」といわれた大西瀧治郎は、米軍のフィリピン侵攻に際して「もはや体当たり以外に方法がない」として特攻の採用に踏み切ったといわれる。しかし現場の搭乗員ならともかく、仮にも艦隊司令長官ともあろう者が安易に「ほかに方法がなかった」と言ってしまっていいものだろうか。当人は思い悩んだ末のことだろうとは思うが、出てきた結論は安易に流れたと言わざるを得ない。

もちろん、現代の論理では「特攻」は許容されるはずもない。当時の論理と現代の論理で何が違っていたのか、そしてその違いをもたらしたものは何なのか。また、さらに考えなくてはいけないのは、その「違った論理と結論」をもたらした考え方の中に現代でも変わっていないものが潜んでいないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月13日 (水)

「日本軍と日本兵」

これまで様々な機会に、日本人のモノのとらえ方や考え方における欠点が戦前からほとんど変わっていないことを指摘してきた。方向性が違うだけで、バブル崩壊から未だに立ち直れない現状と、勝ち目のない戦争に突き進んでいった戦前の、根本的なメンタリティには違いはないというのは三十一においては疑いようのない確信となっている。

そんな三十一でさえ、軍隊に動員された日本兵は生命を顧みずに命令に盲目的に従うというこれまで流布されてきた「神話」を無意識に信じていた。それが「神話」であることに気づかせてくれたことは評価する。

米軍兵士による戦時中の日本軍への評価をもとにしているが、参照している資料が一般兵士向けの広報誌であるから、多かれ少なかれ情報操作は含まれているだろうが、それでもそこに描写されている「日本兵像」は、これまでの神話上の日本兵像をおいて、純粋にひとりの「日本人像」として見てみると非常に納得できるものだ。

すなわち、
「あらかじめ決められた計画がうまくいっている限りにおいてはそれぞれの役割を間違いなく果たす」
「ものごとが計画通りに進まなくなると途端にうろたえる」
「予想していなかった事態に直面するとパニックに陥る」
「組織から見捨てられることを何より恐れる」
「不利な情勢になると諦めが早い」

特に、日本人が強く持つ組織への帰属意識は、「捕虜になったらクニに帰れない」「一人だけ生き残ったらクニに帰れない」という強迫観念を生じさせ、結果として「玉砕」を受け入れさせたというのは、「玉砕の軍隊、生還の軍隊」も指摘するところである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月11日 (月)

世の中が公平でないことによるメリット

冷戦終了後、軍隊の関心が「非対称戦」に移ったと言われて久しい。

ここ最近国際ニュースを騒がせているガザをめぐる戦闘はどうにか停戦にこぎ着けたものの、この停戦が永続的なものになるかどうかが焦点となっている。

イスラエル軍と、ガザ地区を実効支配しているハマスの間の戦闘は、典型的な非対称戦だ。イスラエル軍の目的はハマスによるイスラエル領土へのロケット弾攻撃を抑止すること。そしてそのために封鎖の実効性を高めること。ハマスは封鎖を無効化してロケット弾攻撃を継続することを目的としている。

この戦闘によってガザ地区の住民に大きな犠牲が出ている。この犠牲をもたらしたのは直接にはイスラエル軍による攻撃だが、ハマス側から考えてみるとこの犠牲にはなんらデメリットがない。むしろ犠牲が出れば出るほどイスラエルに対する国際世論が厳しくなるというメリットが生じるから、ハマスにしてみれば停戦に応じる理由が乏しい。エジプトなどによる仲介がなかなかうまく行かなかったのはそういった事情によってハマスが強気に出ていたということが影響していただろう。

もともと軍隊は正規軍同士の戦闘を想定していた。これが「対称戦」ということになる。しかし現代の「正規軍」の対手はゲリラやテロ組織といった「非対称」軍事組織になった。むしろ「正規軍」同士の正面切っての戦闘のほうが希少だ。こうした非対称戦においては、組織がしっかりしている正規軍のほうが有利だと考えられがちだ。確かに、個別の戦闘シーンにおいてはそうだろう。しかし戦争全体をみたときには、正規の組織であることによる制約によって非正規組織のほうが有利に進めることが多い。正規軍にとってこうした非対称戦は対処に苦慮させられる頭痛のタネなのだ。現在はたまたま米軍が非対称戦の矢面に立っているが、ほとんどの正規軍の共通の課題と言える。それは自衛隊も同じことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 8日 (金)

2014年8月の桜

7月25日に内局の、8月5日に制服組の人事が発令された。

ここでは制服組の将についてまとめる。
11人が昇任し、11人が退職した。

東北方面総監 陸将 田中敏明 (B23) > 退職
統合幕僚副長 陸将 松村五郎 (東大) > 東北方面総監
防大幹事 陸将 岡部俊哉 (B25) > 統合幕僚副長
第8師団長 陸将 森山尚直 (B26) > 防衛大学校幹事
陸幕教育訓練部長 陸将補 山之上哲郎 (B27) > 第8師団長 (陸将)

中部方面総監 陸将 堀口英利 (B23) > 退職
陸上幕僚副長 陸将 山下裕貴 (大分工大) > 中部方面総監
第3師団長 陸将 鈴木純治 (B26) > 陸上幕僚副長
第15旅団長 陸将補 小林茂 (B27) > 第3師団長 (陸将)

中央即応集団司令官 陸将 日髙政広 (B23) > 退職
第4師団長 陸将 川又弘道 (B25) > 中央即応集団司令官
第5旅団長 陸将補 深津孔 (B26) > 第4師団長 (陸将)

陸自幹部学校長 陸将 海沼敏明 (B23) > 退職
第6師団長 陸将 小川清史 (B26) > 陸自幹部学校長
陸自九州補給処長 陸将補 川﨑朗 (B24) > 第6師団長 (陸将)

中央病院副院長 陸将 後藤達彦 (M2) > 退職
福岡病院長 陸将補 上部泰秀 (M6) > 中央病院副院長 (陸将)

情報本部長 陸将 木野村謙一 (B23) > 退職
西部航空方面隊司令官 空将 宮川正 (日大) > 情報本部長
空幕防衛部長 空将補 丸茂吉成 (B27) > 西部航空方面隊司令官 (空将)

技本陸上担当技術開発官 陸将 岩﨑親裕 (B23) > 退職
陸自研本幹事 陸将補 飯塚稔 (B25) > 技本陸上担当技術開発官 (陸将)

呉地方総監 海将 三木伸介 (B24) > 退職
統合幕僚学校長 海将 伊藤俊幸 (B25) > 呉地方総監
第9師団長 陸将 髙橋勝夫 (B25) > 統合幕僚学校長
陸幕人事部長 陸将補 山崎幸二 (B27) > 第9師団長 (陸将)

海自幹部学校長 海将 福本出 (B23) > 退職
海幕防衛部長 海将補 山下万喜 (B27) > 海自幹部学校長 (海将)

航空教育集団司令官 空将 廣中雅之 (B23) > 退職
航空支援集団司令官 空将 半澤隆彦 (B24) > 航空教育集団司令官
航空幕僚副長 空将 福江広明 (B25) > 航空支援集団司令官
北部航空方面隊司令官 空将 森本哲生 (B25) > 航空幕僚副長
空自幹部学校長 空将 尾上定正 (B26) > 北部航空方面隊司令官
空幕装備部長 空将補 小野賀三 (B26) > 空自幹部学校長 (空将)

中央病院副院長 海将 瓜生田曜造 (M3) > 中央病院長 (技官)
横須賀病院長 海将補 平田文彦 (M4) > 中央病院副院長 (海将)

※ B は防衛大、M は防衛医大。数字は期。

大幅な異動ではあるが、この夏に見込まれていた統幕長の交代は見送られた。
なぜ先送りになったのかの理由はもちろん公表されるわけもないが、集団的自衛権行使容認の閣議決定をうけて必要な法整備が本格化しようとしているのが影響しているのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 7日 (木)

「科学はなぜ誤解されるのか」

時間をつぶすために入った本屋でたままた見かけた本。
例のSTAP細胞騒動が始まったのは「本書の校正中」だそうで、内容に反映されてはいないようだが、タイミングとしてはちょうどよかった。

例のSTAP細胞騒動ではついに人死にが出るに至った。
死人にむち打つようだが、「潔白を証明するために」死ぬのは科学者のとるべき態度じゃないと思うなあ。「科学者としての」潔白を証明するには論文を書くしかない。

STAP細胞の話は論文が Nature 誌に掲載されたことから始まるわけだが、実はここに最大の誤解と問題の発端がある。「世界的に権威がある」 Nature に論文が掲載されたことで注目を集めたわけだが、Nature に掲載されたことは、論文が正しいことと同一ではない。とりあえず査読を通ったというだけの意味しかないのだ。本当の検証は論文が掲載されたときから始まるのだが、マスコミではあたかも Nature が「お墨付き」を与えたかのような報道を行なった。しかし、Nature 誌がときに奇天烈な論文を掲載することもあるのは、科学者のあいだではわりと知られた事実である。

科学の世界というのはある意味究極の民主主義で、誰もが好きに意見を表明することができる。そしてその意見の正否を判断するような権威者はいない。科学者ひとりひとりがあるいは反対しあるいは賛成し、総体として世論(定説)が形成されていく。
テレビでコメンテーターが「STAP細胞が再現できなかったって言ってる人がいるけど、それを誰か確かめたの?」とか言ってたけど、そんな人はいないよ。「再現できなかった」という論文は「再現できる」という論文とまったく同列におかれて科学者の検証にさらされることになるのだ。単純で明快だと思うのだが?

科学は世界のものごとに白黒つけてくれると思い込んでいる世間の人々にとって、この問題にいつまでも白黒がつかない現状は不可解だろうが、実はこうしたことに白黒をつけてくれるような便利な人はいない。民主主義というのはそういものだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 1日 (金)

2014年7月の打ち上げ

6月は3件だったが、7月は10件。

2日 09.56.23GMT バンデンバーグ/デルタ7000 (OCO-2)
3日 12.43.52GMT プレセツク/ロコット (Gonets M x3)
8日 15.58.28GMT バイコヌール/ソユーズ (Meteor M-2 ほか)
10日 18.55.56GMT クールー/ソユーズ (O3b x4)
13日 16.52.14GMT ワロップ島/アンタレス (Cygnus ほか)
14日 15.15GMT ケープカナベラル/ファルコン (Orbcomm x6)
18日 20.50GMT バイコヌール/ソユーズ (Foton M-4)
23日 21.44.44GMT バイコヌール/ソユーズ (Progress M-24M)
28日 23.28GMT ケープカナベラル/デルタ4 (GSSAP)
29日 23.47.38GMT クールー/アリアン5 (ATV Georges Lemaitre)

Progress や ATV といった ISS 補給ミッションが目立つが、個人的には Foton の打ち上げが気になる。Foton はボストーク宇宙船を改造した偵察衛星をさらに改造した微小重力実験衛星だ。もう終わったシリーズかと思っていたが復活したということはロシアにある種余裕が出てきたということだろう。

それから、ここには掲載していないが 7月9日にロシアが アンガラロケットを初めて打ち上げた。軌道への打ち上げではなく弾道飛行によるテストだが、成功とみなされている。それにしても、アンガラロケットの開発はずいぶん前から始まっていてロシアの次期主力ロケットとされてきたのだがご多分に漏れず開発は遅れに遅れて結局はキャンセルになってしまうのではないかとも思っていたが、ついに形になったようだ。

ロシアはしぶといなあ。

Orbital Launch Chronology の更新はちょっと待って。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »