« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月18日 (木)

スコットランドは内、クジラは外。

時期的に節分は真裏になるけど。
最近ニュースを賑わしているのはスコットランドと鯨の話。

スコットランドでは独立賛成派と反対派が拮抗していてちょうど今日行われている住民投票の結果は予断を許さない状況だと伝えられる。その一方で、国際捕鯨委員会では日本が明白な少数派のようだ。

こういう立場の違いがどこから生まれるのだろうというのを考えたことがある。考えたのはずいぶん前のはなしだがちょうどいいので今ここに発表する(大げさな)。
簡単にまとめてしまうと、どこまでが「自分側」でどこからが「他人」になるかの境界線の引き方の違いに収束してしまうのだろう。いまのイギリス(本国)はイングランドとスコットランドと北アイルランドとウェールズから成り立っているが、スコットランド人にとってイングランドは「こちら側」なのか「向こう側」になるのか。「向こう側」だと考えるのなら分裂する力が働きやすくなり、「こちら側」と考えれば求心力が働く。
ニュースを見ていて感じたのは、賛成派が「自分たちの意見が届く政府を」と言ってたが、確かに6000万分の1が600万分の1になれば「自分の意見」が通る確率は10倍になるが微々たる比率であることには変わりない。現状、自分の意見が反映されていないと感じるから現状をひっくり返そうという動機になるのだろうが、現状をひっくり返したあと何が待っているかは誰にもわからない。イギリスから独立しても不満が解消されなかったときには、次はスコットランドから州を独立させ、さらには州から町を独立させ、町から我が家を独立させるのだろうか。
個人的には、独立そのものは否決されるものの、相当の支持を集めた独立圧力を背景にして立場を強めていく、というシナリオが結局は最も望ましい落としどころではないかと思う。

では人間にとって鯨は「こっち側」か「向こう側」か。これは日本人と西欧人でとらえ方が違うだろう。
現代の日本人にとっては、鯨はすでに「向こう側」の存在でしかないかもしれない。しかしかつての日本人には、鯨はある意味「こっち側」であり「向こう側」でもあった。広く「同じ世界の住人」という意味では「こっち側」であるが、あくまで「魚の一種」(これは現在の科学では正しくない認識だが)であり人間とは異なる存在で「向こう側」だった。
「鯨は知能の高い動物」として捕鯨に反対する西欧人にとって鯨が「こっち側」かと言うと、実際にはそう単純なことではないだろう。傍目から見ていると、鯨は「日本人」を「向こう側」に追いやるためのダシでしかないように見える。そういう意味では鯨も日本人も両方「向こう側」の存在で、ただ両方を比べたときに鯨の方を「近く」に置くことで日本人の異質さを際立たせようという(意識的か無意識かはともかく)思惑があるのではないか。

もちろん、自分に近い存在により親近感を抱き、物理的なあるいは精神的な距離が開くに従って順次疎遠になっていくのは当然のことだ。しかしその減り方は一様ではなく、あるところで段差が生じ、そこから向こうが「向こう側」と見なされるのだろう。

自分の周りの存在を親しさの度合いによって分類する、という点で精緻な体系を作り上げたのが儒教だ。一般には「封建思想」として過去のものとされている儒教だが、「自分に近い存在に対しては遠い存在よりも親近感を持つのは人間の自然な感情で、それを否定する博愛主義は不自然」という文章を読んで目からウロコが落ちたような気がしたものだ。2000年以上前から積み上げられた細かい仕組みに従う必要はないけれど、人間にはそういう面がある、ということは覚えておくべきだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 8日 (月)

万国ではない博覧会

宇宙博に行ってきた。
もともと行くつもりはあったのだが、週末(平日は労働していた)の天気が悪かったり、もっと優先しなければいけない用事があったりでなかなか時間がとれなかった。夏休みも終わったことだし、日曜でも多少は空いてきただろうと見込んで出撃することにした。
重い腰をあげる直接のきっかけになったのは、基本的に写真撮影可能だということ。カメラをかかえ、コンビニでチケットを入手して出かける。わざわざコンビニでチケットを買って行ったのは、現地の当日券売り場の行列待ちが大変らしいと聞いたので。

初めは、順路にこだわらず空いているところから回っていこうと考えていたのだが、それでは人気の展示はいつまでたっても見られないということに気づいたのでやむなく行列に加わる。

これは行列に加わる前に撮った火星探査機キュリオシティと、ISSの「きぼう」モジュール(もちろんいずれもレプリカ)。
Img_3282s_2
Img_3284s_2

行列という苦行をも耐えさせた、三十一が心惹かれるアポロ以前の宇宙開発黎明期の遺産。
まず目につくのはロケットエンジンの現物。
Img_3295s_2

展示のしかたが悪いのか、これがサターンのエンジンだと誤解している人が多い。某ブログにも間違って記載されていた。説明をよくみるとタイタンの一段目エンジンと明記されている。言われてみれば、タイタンの一段目は並列ノズルだったなあ。ただし、タイタンI だということなのでジェミニ有人宇宙船の打ち上げに使われたタイタンII とは推進剤が違ったはずだ。
こちらは同じくタイタンの二段目のエンジン。
Img_3300s

サターン5の模型、おそらく 1/10 くらいか。
Img_3321s

アポロで使われた月面車。現物は月に置いてきたはずなので、これはテスト用か。
Img_3322s

今回の展示の三十一的な目玉。珍しくソ連モノで、月面無人探査機ルノホート。これは3号に使われるはずだった機体ということなので、限りなく現物に近いはずだ。
どことなく愛嬌のあるフォルムが愛らしい。
Img_3347s

マーキュリー宇宙船フレンドシップセブン。つまりジョン・グレンが搭乗した機体。これは現物かな。このまわりはずっと混んでいて引きの絵がとれなかった。
Img_3359s

ジェミニ宇宙船と、ドッキング実験のターゲットになったアジーナ衛星。これもレプリカ。ジェミニ宇宙船にレトロモジュールが付きっぱなしなので現物ではないことは一目瞭然。
Img_3379s

ジェミニ宇宙船単体。
レプリカとは言え、三十一はジェミニ宇宙船が好きなので再度掲載。
Img_3385s

アポロ計画時の管制コンソール。
Img_3395s

これは見た瞬間に「おっ」と思った代物。ドッキングアダプター。おそらくはアポロ司令船の先端に装備されていたものだろう。
Img_3402s

アポロの回収シーンでおなじみ、クルーを乗せてヘリに回収するカゴ。
Img_3415s

この先は、日本の衛星とかロケット中心の展示になる。多少の写真は撮ったが、ここではひとつだけ載せよう。
Img_3451s
打ち上げに失敗した H-II のメインエンジン。3000メートルの海底から回収して原因分析に役立てられたのは、そのスジの人間にとっては有名な話。

全体に JAXA と NASA 関連の展示が大半を占めていて、ESA や RSA に関係する展示が少ない(皆無ではない)のが気になった。日本で一般向けに開催する博覧会という位置づけではやむを得ないことはわかっているが、日本の立ち位置をもうちょっと客観的に理解できるような展示があってもいいと思う。

会場がわりと暗いのでどれくらい写るだろうかと心配だったが、実際に撮影してみるとそれなりにちゃんと写っていたようで安心した。
ショップは会計が20分待ちということでパス。結局一時間半ほど滞在して退出。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 7日 (日)

最近の買い物

最近、更新が遅れてしまっているが、そもそもこんなブログを楽しみにしている人がそんなに多いとは思えないので気にしないことにする。

音沙汰がないときはがんばって Wiki を更新しているのだと思ってください。
最近発覚したのだが、アクセスが重なると apache が死んでしまうらしい。対処はなんとなくわかっているのだが、かなり基本的なソフトから導入しなおさなくてはいけないらしいので根本的な対策はとっていない。イベントを検知して再起動する仕組みを組み込んだので、もし使えないときはそういうことだと思ってください。
はじめはイベントで即再起動していたのだが、短時間で再起動を繰り返すと apache が死んでいるわけでもないのにアクセスできなくなるという現象がみられたので、一定の間隔でステータスをチェックして必要なら再起動するように変更した。回復までに少し時間がかかるようになったが、全体の使用可能性を高めるための苦渋の判断である。

さて表題の最近の買い物だが、まずひとつは

Img_3269s

モンモデルから発売された PzH2000 の 1/35 のプラモデル。
実は三十一は、開発段階での完成予想図を「軍事研究」誌で見て PzH2000 に一目惚れしたのだ。その後、開発が一時停滞していたなどとも伝えられていた(ような気がする。なにしろ大抵の現代兵器は開発が遅れるので)が、模型まで発売されるようになったかと思うと感無量だ。
だいたい三十一は自走砲が好きで、フンメルヴェスペ20HSP も好きなのだ。M10915HSP はそれほどでもないけれど。戦場の女王と呼ばれる砲兵火力と、機甲戦能力を両立させた自走砲は機動戦の要諦だという認識もあるけれど、なによりあのスマートさとはほど遠いアンバランスな造形がどうにも三十一好みなのである。

それからもうひとつ。

Img_3276s

イギリスの装甲空母というのも三十一の琴線に触れるアイテムのひとつで、昨年秋に艦船模型を再開してからずっと探していたのだがどこにも見つからず、半分あきらめていたのだがつい先日秋葉原の某模型店で発見して即確保した物件。ここには「ヴィクトリアス」の写真を掲載したが同時に「イラストリアス」も確保した。なんでも年末には「アークロイヤル」も出るそうですでに予約済み。

平和な近況でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »