« 「フューリー」 | トップページ | 2014年レギュラーシーズン »

2014年12月19日 (金)

「インターステラー」

http://wwws.warnerbros.co.jp/interstellar/

上映スケジュールを調べようとして初めて3時間近く(169分)もある映画だと知りました。

これは SF というよりファンタジーだなあ。少なくともハードSFではない。
一度も姿を現さない「五次元人」がいないと成り立たないストーリーだ。まあこういう存在自体は「2001年」シリーズでも出てきたのでそれ自体が必ずしも反則とは言い切れないけれど。

はじめ、舞台は地球じゃないんじゃないかと思ったんだが、どうも近未来の地球らしいと確信したのはかなり過ぎてからだった。いかんなあ、この制作者は SF者の気持ちをわかってないよ。舞台が地球なのは当然だと思っていないか? SF者にはむしろ地球外惑星に移住した後の話という発想が自然に思い浮かぶのだが。

それから人類が絶滅に瀕していた理由が判然としない。気候変動だとは思うのだけど、それがどうして起きたのだろう。温暖化かなあ。気候変動の原因を取り除こうという試みはされなかったのかね。

もうひとつ、地球の重力30%増しの惑星からブースターも使わず着陸船ひとつで周回軌道まで脱出できるという現在の技術ではとても実現不可能なスーパー宇宙船を建造するだけのテクノロジーがあるのに、どうして地球から打ち上げられるときは少なくとも2段のロケットを必要とする現在とほとんど変わらないテクノロジーレベルになってしまうんだろう。あまりにアンバランスだ。特定の分野だけ突出して発展したとかいうわけじゃない、やってることは同じなのにね。

|

« 「フューリー」 | トップページ | 2014年レギュラーシーズン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/60835713

この記事へのトラックバック一覧です: 「インターステラー」:

« 「フューリー」 | トップページ | 2014年レギュラーシーズン »